精力剤体験談「久しぶりに二回戦を堪能しました。」

これから、私が精力剤を飲んだ時の体験談を書きます。私の体験談を読んで、参考にして頂ければと思います。

私は、46歳の会社員です。最近、妻が私のエッチに満足してくれない様子。それも、そのはずで、私のお○んぽが、途中で、萎えてしまうのです。

私の気持ちは、ガンガン行こうぜ!なのですが、肝心のお○んぽが、萎えては、ガンガンすることもできないのです。

それから、妻は、私からの誘いに断りを入れてき始めたので、これは、何とかしないといけないと思い、色々調べてみることに。

そうしたら、精力剤のGoingがイイと体験談等に書いてあったので、早速、注文して、飲んでみたのです。

すると、お○んぽが大幅にレベルアップしたのです。

もちろん、エッチ中は、全然萎えなくなりましたし、最近、あまりなかった朝立ちの現象も出てきたのです。

妻も、精力剤のGoingを飲み始めて、最初のエッチをした時に、私のお○んぽの様子が変わったことにすぐに気づき、『凄い、凄いわ。』と言って、悦んでくれました。

特に、挿入している間、ずっと硬いままでいることにとても悦んでくれて、『あああああ、凄い、お○んぽ〜。』と言って、感じまくってくれました。

そして、オーガズムに達しそうになった時には、『ヒイイイイイ、ダメ、ダメ、いっちゃうの〜、いく〜。』と大声で言ってしまい、子供に聞こえたのではないかと思うほどでした。

そこで、私たちは、それ以降エッチは、ラブホテルですることにしました。

ラブホテルでは、思う存分声が出せれるので、妻は、家でのエッチとは違い、大声で感じまくっていました。

特に、バックをしている時、私が妻がとても感じるクリトリスを触りながら腰を動かしていると『ヒイイイイイ!』と叫ぶような声を発した後、『ああああ、いく、いく〜。いっちゃう〜。』とオーガズムに達した時は、ラブホテルだからいいけど、家では、ご近所に聞こえてしまうぐらいの声だったと思います。

終わった後、妻から『凄かったわ。若い頃に戻った感じがする。』と言って、ザーメンを出したばかりのお〇んぽを触りながら言ってくれました。

すると、お〇んぽが妻の手の感触に反応し、興奮したみたいで、徐々に元気になってきたのです。

そこで、妻がフェラするとビンビンに。そうなると、もちろんそのまま二回戦をしました。その時も妻は、大声で感じまくっていました。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ