精力剤体験談「挿入して1時間ぐらい勃起状態のまま」

これから、私が精力剤の飲んだ時の体験談をお話しします。

最近、どうもエッチをしている時、お○んぽが、柔らかくなるのです。

最初は、疲れているのかなと思いましたが、続けて、その状況になったのでどうしようかと考えた私。

今年で、私も44歳。年かなと思いましたが、まだ現役でいたいと思う私。

妻とは、2年前に再婚したばかりだし。そこで、私は、情報収集をし、精力剤のことを知りました。

そして、精力剤のGoingの存在を知り、ネットにある体験談を読みました。

体験談を読んで、少しは不安はありましたが試してみる価値はあると思い、購入して飲み続けていると、エッチ中、お○んぽの硬さは持続したのです。

妻もそのことに気づきたみたいで、『お○んぽ。元気になったみたいね。』と言ってくれました。

先日、妻とエッチをしていたのですが、妻からの要望で、スローセックスを試してみました。

スローセックスは、その名の如く、ゆっくりエッチをするのです。もちろん挿入中もです。

挿入してから、1時間ぐらい勃起状態のまま妻のお○んこの中に居たのですが、お○んこの硬さは変わらなかったのです。

これも、精力剤のGoingのおかげだと思います。

妻は、スローセックスをとことん愉しみ、私が動かないでいる間、妻とおしゃべりしたり、キスをしていると、妻はもじもじし始めたのです。

そうしたら妻が『あなたのお○んぽ、動いて欲しいの。ねぇ、動いて〜。』と言ったのです。

そこで、ゆっくり動かすだけでも彼女は、『ああっ、あああああん。ダメ〜。』と言って感じ、そして、正常位の体勢にして、ゆっくり腰を動かしながらうなじやおっぱいを舐め続けていると、『あああああ、いく、いく〜。』と言って、オーガズムを体験したのです。

その時、妻の体は、一瞬硬直し、失神状態になったのです。

しばらく経って我にかえると妻は今までにない表情で、『今日は、とても良かったわ。また、しましょうね。』と言ってくれました。

妻にこんな言葉を言ってもらい、とても嬉しくなりました。

そして、私もスローセックスは、結構良かったので、またしたくなりました。

それゆえ、精力剤のGoingは、ずっと飲み続けたいと思います。



ED薬・勃起不全・精力アップサプリの人気商品

ED薬・勃起不全・精力アップサプリの人気ランキング
●最近朝立ちもないし、勃起力が衰えてきたかも。。。 ●セックスのときに、いざ挿入すると中折れしてしまう。。。 ●めっきりムラムラもしないし精力が減ってきたかも。。。

そんなアナタにおすすめなのが、「最高の勃起力を手に入れる」サプリメントです。

最高の勃起力を手に入れるサプリメントは、飲むだけで10代のころのような固くビンビンの勃起力を手に入れることができます。

しかも、誰にも知られず通販で購入できるので、こっそりペニスの増大を実現できます!

このページでは、自宅で誰にも知られず「最高の勃起力を手に入れる」ことのできるサプリメントをお悩み別で紹介します。

勃起力増強・ED改善なら!

  • クラチャイダムゴールド



    精力増強サプリの決定版!

    クラチャイダムゴールドは男性の活力の源と呼ばれるアルギニンをマカの2倍以上も配合しているので、疲労回復・男性ホルモン生成・肥満対策・ストレス解消・ED改善とマルチな活躍が期待できます!

    その効果から楽天ランキングで1位・2位を独占!さらに14日間の返金保証付きなので、安心してお試しできます!

    公式サイトへの誘導ボタン


短小改善・サイズアップも狙いたいなら!

  • ヴィトックスα

    ヴィトックスα



    全米大手サプリメントサイトで18週連続No.1の実力!

    アメリカで爆発的な人気を誇った「ヴィトックス」がついに日本上陸です!

    しかも今回は日本人男性用にバージョンアップした「ヴィトックスα」となっての販売です!

    ヴィトックスαは厳選された天然成分をペニスの増大、短小、包茎、早漏など様々な悩みを最大限まで改善できるよう、研究に研究を重ねた黄金比率で配合しています。

    L-シルトルリン、アルギニン、亜鉛、ガラナ、マカなど増大・増強に必要な成分を贅沢に配当しているため、効果は絶大!

    公式サイトへの誘導ボタン


安心と信頼の日本製なら!

  • ゼファルリン



    日本人のためのメンズサプリ!

    ゼファルリンは厚生省認可成分のL-シトルリンを配合したメンズサプリです!日本人の体質に合わせて、厳しい安全基準を満たした国内工場で生産しているので、信頼性抜群ですえ!

    もちろん、安全性だけでなく、天然の強力滋養成分を組み合わせているので、その効果も実感できるでしょう!

    公式サイトへの誘導ボタン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ