個人的な体験談に基づくお薦めの精力剤

私のこれまでの体験で、精力増強に顕著な効果があったものといえば、薬局でごく普通に売っている亜鉛の錠剤です。

亜鉛は不足すると味覚障害になることで知られている、人間にとっての必須ミネラルです。

食物から十分に摂ることが出来ない場合は、タブレットや錠剤で補うのが良いとされています。亜鉛は一般的には、精力剤としては認識されていませんが、男性の下半身の代謝を高め、精子の生産を助ける作用が知られています。

あとは髪の毛にいいことでも知られています。ほかにはアルコールの代謝を高める、免疫力を上げる、血糖値を下げる効果などなど。

食べ物から摂るとすれば、牡蠣、レバー、牛肉、鶏肉、ブロッコリー、納豆、昆布などから摂取します。もちろん必須ミネラルといっても、摂りすぎるのも良くありません。

さて精力剤としての効果ですが、効果も体験も人それぞれだと思いますし、即効で効く人もあれば、ゆっくり効いてくる人もいると思いますが、バイアグラのような化学合成の精力剤より脳や心臓に負担が少ないことだけは確かだと思います。

私の場合は、体験的に、かなり即効で効きます。亜鉛のタブレットを摂った翌日は、もう下半身の血流が良くなっていることを実感できます。

分かりやすく言うと、十代、二十代に戻った感覚です。もちろん十代、二十代のような強烈な性衝動は、残念ながら伴いません。

(それはバイアグラなども一緒だと思いますが。) 単純に血行が良くなり、体の一部が硬くなる、というだけです。それもかなりナチュラルに、です。

ケミカルの精力剤のような、心臓がばくばくしたり、強烈な頭痛を伴ったりすることはありません。(それも、効果はひとそれぞれだと思いますので、万人に当てはまるとは言いきれません。悪しからず)

これは副作用と言えるかもしれませんが、過剰摂取すると、吐き気、発熱、倦怠感などを感じることがあるそうなので、適量を自分で決めて飲むことが必要でしょう。

亜鉛は海外のビタミン通販のネットショップでも安価に購入できますので、そちらもチェックしてみることをお薦めしたいと思います。

おわりに 味覚障害で悩んでいる人は、まずは医者に相談してから、亜鉛のサプリメントを試すことをお薦めしたいと思います。



ED薬・勃起不全・精力アップサプリの人気商品

ED薬・勃起不全・精力アップサプリの人気ランキング
●最近朝立ちもないし、勃起力が衰えてきたかも。。。 ●セックスのときに、いざ挿入すると中折れしてしまう。。。 ●めっきりムラムラもしないし精力が減ってきたかも。。。

そんなアナタにおすすめなのが、「最高の勃起力を手に入れる」サプリメントです。

最高の勃起力を手に入れるサプリメントは、飲むだけで10代のころのような固くビンビンの勃起力を手に入れることができます。

しかも、誰にも知られず通販で購入できるので、こっそりペニスの増大を実現できます!

このページでは、自宅で誰にも知られず「最高の勃起力を手に入れる」ことのできるサプリメントをお悩み別で紹介します。

勃起力増強・ED改善なら!

  • クラチャイダムゴールド



    精力増強サプリの決定版!

    クラチャイダムゴールドは男性の活力の源と呼ばれるアルギニンをマカの2倍以上も配合しているので、疲労回復・男性ホルモン生成・肥満対策・ストレス解消・ED改善とマルチな活躍が期待できます!

    その効果から楽天ランキングで1位・2位を独占!さらに14日間の返金保証付きなので、安心してお試しできます!

    公式サイトへの誘導ボタン


短小改善・サイズアップも狙いたいなら!

  • ヴィトックスα

    ヴィトックスα



    全米大手サプリメントサイトで18週連続No.1の実力!

    アメリカで爆発的な人気を誇った「ヴィトックス」がついに日本上陸です!

    しかも今回は日本人男性用にバージョンアップした「ヴィトックスα」となっての販売です!

    ヴィトックスαは厳選された天然成分をペニスの増大、短小、包茎、早漏など様々な悩みを最大限まで改善できるよう、研究に研究を重ねた黄金比率で配合しています。

    L-シルトルリン、アルギニン、亜鉛、ガラナ、マカなど増大・増強に必要な成分を贅沢に配当しているため、効果は絶大!

    公式サイトへの誘導ボタン


安心と信頼の日本製なら!

  • ゼファルリン



    日本人のためのメンズサプリ!

    ゼファルリンは厚生省認可成分のL-シトルリンを配合したメンズサプリです!日本人の体質に合わせて、厳しい安全基準を満たした国内工場で生産しているので、信頼性抜群ですえ!

    もちろん、安全性だけでなく、天然の強力滋養成分を組み合わせているので、その効果も実感できるでしょう!

    公式サイトへの誘導ボタン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ