精力剤体験談「いきなり騎乗位で入れてきた妻」

今回は、私が精力剤を飲んだ時の体験談をお話しします。

私は、46歳の会社員です。妻と、結婚して20年。妻とは、仲良くやっていて、夜もそれなりにしていました。

でも、最近、どうもお○んぽが元気でなくて、妻とエッチをしている時も中折れほどではないですが、硬くならないときがあるのです。

妻は『気にしないで。』と言っていますが、男としては、大問題。

そこで、ネットや友人の体験談等色んな情報を踏まえると、精力剤がいいと判断し、その中でも、精力剤のGoingです。

この精力剤のGoingを選んだのは、沢山の体験談を読んでみて、一番私に合っている精力剤と思ったからです。

そこで、飲んでみると、予想通り、挿入中も中折れしなくなり、また、硬さも以前と同様になり、妻から『若くなったみたいね。』と言われました。

それ以降、妻からエッチのお誘いが増え、先週の週末、子供たちは、実家にお泊りに行っていて、家には、妻の二人だけでした。

そうしたら、妻は、子供が出来てから着なかった透けパンティーを履いてきたのです。

そして、私に『みんな居ないから、しましょ。』と言って、フェラをしてきたのです。

私のお○んぽは、の効果もあり、ムクムクと大きくなり、あっという間にビンビンに。

そのビンビンお○んぽを右手に持った妻は、いきなり騎乗位で入れてきたのです。

そして、すべてのお○んぽが入ると、『ああああああ、いいいいい。』と言って、感じるのです。その姿は、久しぶりに妻が女になった感じがしました。

その後も妻は、私に結合部を見せて『すごい、硬いわ。あなたのお○んちん。』と言って、結合しているお○んぽを触るのです。

その時の彼女の表情は、子供には見せられないと思いました。

そして、彼女は、バックの時に『あなた、いきそう。』と言ったので、『いいよ。』と言ったら、『ああああ、いく、いく、いく〜。』と言って、絶頂に達したのです。

その直後、私も『出る〜。』と言って、コンドームの中にザーメンを出したのです。

コンドームの中には、大量のザーメンがあり、それを見た妻は『すごい、一杯出たね。』と嬉しそうに言いました。

妻とは、それから、今まで以上に仲よくしています。これも精力剤のおかげだと思います。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ