勃起力回復方法にはどんなものがあるの?

勃起力は年齢によって衰えてくるものだと言う事は知っている人も多いと思いますが、最近では若い人の中でも勃起力が低下している人が実はたくさんいます。

勃起力低下の原因には年齢だけではなく、様々な要因があるのです。


1.生活習慣を見直そう

勃起は陰茎に血液が一気に流れ込む事でおこります。

冷え症の人が血行が悪く手足が冷たいのと一緒で、血行が悪いと血液がうまく循環できず体に影響を及ぼしてしまうのです。

男性の場合はこれが勃起低下へと繋がる事もあるという事です。

血液循環が悪くなる原因には、加齢もありますが、高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病も大きな要因となっているのです。

また働き盛りの年代には切り離せないストレスや、睡眠不足・喫煙なども要因の一つとなっています。

自分ではわからない日常の何気ない生活や習慣が、知らず知らず勃起力低下を招いてしまっているのです。

つまりこれらの生活習慣病を日頃から予防・改善する事が勃起力回復方法と直結しているのです。


2.勃起力回復方法を知ろう

今日からでもすぐに行える具体的な勃起力回復方法としては、運動や食事などがあります。

運動というと、いきなりジョギングを1時間以上やってみたり体を酷使してハードな運動をしないといけないと思っている人が多いのですが、運動は継続することが大切なのです。

その日1日だけものすごく頑張っても、続かなければ意味がありません。続けれる範囲内で大丈夫なので、まずは様子を見ながら少しずつ始めてみましょう。

手軽にできる有酸素運動にはウォーキングや水泳などがありますが、これらの運動により基礎代謝を上げる事ができ、運動してから20分ぐらいで脂肪が燃焼し始めます。

つまり20分以上続けないと有酸素運動とはいえないのです。

この有酸素運動によって全身の血管が活発になり、血管も拡がり毛細血管にまで血液が十分に巡るようになります。

血管の中の老廃物も排除してくれるので健康な体・血液になり勃起力も高まるのです。

ウォーキングやジョギングなど外で運動する時間も余裕もないという人には、自宅でできる有酸素運動がおすすめです。

簡単でに出来るものとして踏み台昇降運動やスクワット・縄跳び・エアロバイクなどがあります。

また意外に知られていないのですが、ヨガやピラティスなども有酸素運動になります。

スクワットは筋力トレーニングと同じ無酸素運動と思われがちなのですが、時間をかけてゆっくりと行う事で有酸素運動として効果があるのです。

「これキツイな〜!!」と感じるスクワットではなく、正常に呼吸ができ、余裕・余裕と思えるスクワットを時間をかけておこないます。

息がきれるような激しい運動や負荷は有酸素運動とはいえません。自分が続けられるリズム・方法で運動を行う事が大事です。

また食事に関しても、基本は栄養バランスのとれた食事が大切です。

きっちりと栄養素やカロリーを計算する必要はありませんが、偏り過ぎないようにバランスよく食べるようにしましょう。

食事だけでは難しいと言う人は、サプリメントなどの栄養補助食品を取り入れてみるとよいでしょう。

勃起力回復を望む人は、運動・食事・サプリメントなど自分が一番取り入れやすい方法で一度チャレンジしてみるとよいでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ