すっぽんの効果 | 精力回復に効果的な食べ物

精のつく食べ物の代表格と言えばすっぽんです。すっぽんは精力増進の効果ばかりに目がいきがちですが、すっぽんを食べる文化は、日本では縄文時代から食べられていたと考えられています。西日本を中心にすっぽんを食べる文化は今や日本全国に広がっています。また、すっぽんを食べる効果なども見直されています。


1.すっぽんを食べる歴史

すっぽんを食べる歴史文化は、縄文時代にまでさかのぼります。

縄文時代に使用されていた土器などからもすっぽんが出土されており、すっぽんを食べていたことをうかがわせるものとなっています。

記録として残っているのは、江戸時代には記録としてすっぽんをたべることが記録されています。

このように、昔からすっぽんを食べることには意味のあることだったということが分かります。

しかし、すっぽんは亀ですが、どうしてあのようなグロテスクなものを食べることにこだわるのか、確かに美味しいことは確かですが、それにはやはり、健康的な意味があるからではないかと言われています。

すっぽんには、DHAやコラーゲン、アミノ酸、たんぱく質など、健康・美容などに本当に効果的な栄養素が豊富に含まれています。

また、精力剤としての効果も有名で、粉末やタブレット、ドリンク剤として昔から売られています。

すっぽんは爪と甲羅と暴行以外はすべて食べられます。

そして、そのすべての部位に栄養価が豊富です。

昔からすっぽんが食べられていた理由は、味もさることながら、男性のちんこが立たないということを改善する男性機能の治癒や、女性にとっての美容などに効果があることを、経験から知っていたのかもしれません。


2.すっぽんの摂取

すっぽんはスープにしたり、鍋にしたり、雑炊にしたりと、煮込んで出汁をとる方法で食べるのが一般的です。

すっぽんんは外見はグロテスクな状態ですが、栄養価が豊富なことから出汁にすると、その姿もなく栄余暇の高い美味しい出汁がとれることから、このような料理法で食べられることが一般的です。

また、すっぽんの活き血を出す店もあります。

すっぽんの活き血とアルコールを混ぜて食前に提供するという店もあり、すっぽんを余すことなく使っている日本文化がみてとれます。

もちろん、これらは健康に良いですし、男性機能不全や、女性特有の病気や美容・健康などにも良いことは間違いありません。

しかし、一般家庭ですっぽんを科って食べることは、ほぼ皆無です。どのように裁くのかもしられていませんし、食料品店などでは売ってるところも見かけません。

やはりすっぽんを食べようと思うと、すこし値の張る専門店に行くことが必要になります。

もちろん、たまの贅沢で、そのような食事は可能ですが、毎日は食べられません。

その場合にはすっぽんエキスのはいったサプリメントなどが便利です。

手軽で簡単にすっぽんの効果でED・勃起不全、ちんこが立たないという症状の解消をしましょう。

医療に頼ることなく、昔からの伝統と知恵をサプリメントで摂取することで、EDなどの男性機能不全解消の効果はあらわれてくるでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ