勃起しても柔らかいちんこを硬くするためには?

勃起しても柔らかいちんこは、EDの症状のひとつとされています。勃起しても柔らかいちんこを硬くするにはどのようにすればいいでしょうか。


1.勃起しても柔らかいちんこは女性に嫌われる

勃起しても柔らかいちんこは、セックスにおいて女性を十分に満足させることができません。

たとえちんこが太く長くても、硬さが十分でなければ、女性は性感を得ることができないのです。

男性にとってはちんこに関する不満にも包茎や短小などさまざまありますが、柔らかいちんこもそのなかのひとつです。

たとえサイズが小さくても、硬くて力強さがみなぎっているちんこは、女性を十分にオーガズムへと導くことができます。

しかも硬いちんこは柔らかいちんこと比べると持続力がありますから、さらに女性を喜ばせることができるのです。

勃起しても柔らかいちんこは、早漏や包茎などよりも女性から嫌われるとさえいわれています。

いざセックスに臨んでも、ちんこが柔らかければ女性を満足させることができないだけでなく、自分自身も男性として自信がなくなってきますよね。

そして自分自身もちんこが柔らかいまま射精すると、快感が少なく満足感が得られないものです。


2.ちんこが柔らかくなる理由

若かった頃はビンビンに硬くなっていたという人も、加齢により柔らかくなってくる傾向があります。

特に日常のセックスの回数が減り、射精をする機会が少ない人は、ちんこの射精能力が退化して勃起しても柔らかくなってきます。

またちんこが十分に硬くならず柔らかい状態のままでオナニーをする習慣があると、いざセックスをするという時に硬くならなくなります。

オナニー自体はちんこの射精の能力を維持するために良いのですが、ちんこが硬くならず柔らかいまま射精することが習慣化すると、セックスの時でもちんこは柔らかいままになってしまいます。


3.精力剤を利用して硬いちんこに

勃起しても柔らかいちんこしを硬くするには、トレーニングがありますが、毎日継続して行わなければなりませんし、トレーニングを重ねた結果必ずしも硬いちんこになれるというわけではありません。

ちんこを元気にする方法としておすすめなのが、精力剤の利用です。

精力剤には特に海綿体の血流を良くしてちんこの硬さを強める働きがありますから、勃起しても柔らかいちんこに悩んでいるという人に最適です。

勃起しても柔らかいちんこを硬くしたい人はもちろん、持続力もアップしますから、女性を十分に満足させることができます。

ちんこを元気にする方法として精力剤を利用するとともに、日々の食生活においてもちんこを硬く勃起させる栄養素であるミネラルやアミノ酸などを積極的に摂ることで、ちんこをより硬くすることができます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ