精力回復方法はこんなに簡単に手に入る

精力を昔の様に若返らせたい。そう思った事がある方は多いはずです。

ここでは、簡単にその望み、つまり精力回復方法を紹介します。

まず、その前になぜ精力は低下していくのか知る必要があります。


1.男性ホルモンの分泌量が低下している

年齢を増していく程に、男性ホルモンは減少していきます。この減少が精力の低下や勃起不全を招きます。

年齢によっては更年期障害も引き起こす事で知られています。


2.慢性な運動不足

学生時代にはよく身体を動かしていた方も多いのではないでしょうか。

社会人になり、運動をする機会も少なくなり筋力も落ちていく。その結果がPC筋の筋力低下です。


3.PC筋の衰えは意外と怖い

このPC筋は、勃起時に血液を海綿体洞に留めておく事が出来る唯一の筋です。

ちなみに、このPC筋は一つの筋を指すのではなく4つの筋を総合した呼び方になります。

この筋群の働きは、尿意がある時に外に排出しないように膀胱に留めておくように働きかけ、更に勃起時の硬度維持に関係しています。

実際に排尿時に、尿を止めるように力を入れると陰茎根元の少し上あたりに力が入るように感じると思います。

さて、本題の精力回復方法ですが、上記で挙げたPC筋の筋力アップとサプリメントの併用でかなり改善されます。


4.お尻窄めトレーニング

このお尻窄めトレーニングはいたって簡単です。お尻の穴をキュッと力を入れて30秒間締めて、緩めて、また30秒間締めるといった具合に交互に締めると緩めるを繰り返します。

このトレーニングは誰に気を遣う事も無く、長い時間をかける必要もありません。

気が付いたその時に、直ぐ出来るので何時でもどんな場所でもトレーニングできます。

ですが、気を付けて下さい。腹筋には力をなるべく入れないように心掛けないと、効果が半減してしまいます。

全く腹筋に力が入らないというのは無理な話ですが、なるべく力を入れない事がこのトレーニングを成功させるコツです。


5.サプリメントはアルギニンに絞る

アルギニン以外にも効果的な有効成分はあると思いますが、ここではあえてアルギニンに絞ります。

勿論、他の成分が入っていてもアルギニンの配合量が2000㎎~4000㎎配合されていれば構いません。

一日のアルギニン摂取量は少なくても2000㎎は必要とします。

それを補えるだけで、男性ホルモンの働きは少しずつ正常に戻ってきます。

しかし、勃起誘発剤と違い即効性はありません。こればかりはしょうがありません。

あまり、効果が無いといって途中で挫折せず長期的にみて続けるようにして下さい。



精力回復方法について簡単にですが、説明させていただきました。この方法以外にも効果的な方法はあるかもしれません。

もし、自分に合っていなければ挫けずに他の精力回復方法も試して下さい。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ