勃起しない原因 | ちんこの元気を取り戻す!

もし、勃起がしにくい、勃起しづらいということがあるのであれば、まずは勃起しない原因、理由を探ってみましょう。そのときに、大切になるのは、いつごろから、どんな症状であるかということが重要になります。一言でちんこが立たないといっても、その態様は様々です。いつから、どんな症状で、どんな感覚かということを控えておくことで、治療方法が変わってきます。


1.心因性勃起不全

もし、ちんこが立たないというのが、周りの環境の変化に伴うものでしたら、あまり心配は要りません。

勃起しない原因は、生活環境の変化にあることが明らかだからです。

たとえば、新生活が始まったとか、転勤・転職などで職場が変わった、配偶者である妻や恋人の彼女と別れた、又は新しい彼女と付き合い始めた、などなど、このように周りの環境の変化とともに勃起不全となっているのであれば、それは勃起しない原因が回りの環境に影響されている可能性が強いです。

人間はデリケートな生き物です。

少しのストレス、自分では意識していないストレスでも体内では敏感に感じ取って体の変化として現れます。

そのストレスが、食欲の方向へ向かった場合には、過食などになりますし、睡眠の方向に影響した場合には不眠症などの症状として現れます。

女性の場合は生理不順などになる場合もあるそうです。

ですので、生活環境の変化が関係している場合には、勃起しない原因が明らかですから、ストレス解消のための気分転換などで勃起不全を解消することが可能ですし、ストレスを解消することで、ちんこがたたないということはなくなるでしょう。

また、なにもしなくとも、生活に慣れることで勃起不全が解消される場合もあります。

また、周りの環境の変化はなくても、仕事のプロジェクトが大詰めを迎えていて、気が張り詰めた状態が続いたとか、就職活動の最中で常に不安があるという状態ではストレスを抱えている状態が、勃起しない原因となっていることは明らかですので、あまり心配する必要はありません。


2.器質性勃起不全

勃起しない原因が神経や組織、血管など体の内部の影響によるものの場合には、器質性勃起不全といいます。

典型的なケースとしては、手術後などでホルモン剤を打っている場合などには、脳からの勃起をうながっす分泌を抑制する効果の薬が含まれている場合もあり、その影響で、ちんこが立たないと言う状態になっている場合です。

この場合は、手術後のリハビリでホルモン剤の投与を終えた場合には解消されるでしょうから、勃起しない原因は明らかで心配要りません。

しかし、血管や神経に障害が出ている場合には、他の病気の心配もあるので医師への相談をお勧めします。

加齢による勃起不全は、器質性勃起不全に含まれますが、血管が弱っている場合にはED治療薬は負荷がかかりすぎる場合もあるので、体調等をととのえ、体質を改善した上で、場合によっては医師と相談した上で、ED治療薬を服用することをお勧めしています。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ