精力アップに効果的なツボ | 勃起力を回復させる方法

精力アップのためのツボは、存在するのか。これは、東洋医学を中心に、盛んに研究されてきました。ツボは精力アップだけに限らず、体を軽くする、元気にするために東洋医学では針灸などと一緒に研究されてきましたが、その効果が即効果をあらわす可能性は低いです。つまり、今日、今、ちんこが立たないということを改善するためには、東洋医学よりも西洋医学の方が効果がありますが、継続してツボを押すことで、その効果は徐々にあらわれてきます。


1.ツボの効果

ツボを押して精力アップや健康増進をはかるということは、東洋医学の見地からは有効です。

しかし、東洋医学は解明されていない事が多々あり実証研究的にも不十分である場合があります。

ただ、長い歴史から、ツボがあること、ツボを押した際の効果など、言い伝えなどによって効くといわれていることが多いです。

ツボを押すということを西洋医学的に解明すると、それは、血行の促進につながります。

つまり、あるツボを押すことで、体の一部の血行が良くなり、精力アップや健康増進につながるということが西洋医学的見地からみたツボを押すことの効果です。

ですので、ツボを押すということには効果がありますが、なぜ、その場所・ツボを押すと、精力アップにつながるのかという解明は出来ていないというのが西洋医学的見地から見た効果となっています。


2.精力アップのために

ツボを押して、精力アップにつながるのであれば、ちんこが立たないという問題に直面している男性全員が喜ぶニュースです。

なぜなら、ツボを押すことは、初期投資がいらず、自分で出来る治療だからです。

もちろん、按摩やマッサージのプロに推してもらうこともできますが、基本的にはツボの場所さえ分かれば自分で施術可能なものがツボだからです。

しかし、ツボが世間で主流になりえないのは、大きな2つの理由があります。

それは、効果が分かりにくいということ。

つまり、東洋医学全般的な問題ではありますが、東洋医学は継続して行うことで良い方向に向かわすという長期的目線にたった治療です。

ですので、ツボを押したから即効果が出る、立たないちんこが、すぐに、立つということにはならないことが多いのです。

また、手のひらや、足などの分かりやすい場所にツボがあればいいのですが、ツボの場所が分かりにくいということや、劇的効果を実感しにくく、忘れがちで継続が途絶えてしまうということがあって、精力アップの方法としては、効果は期待できるものの、主流にはなりきれていないのが現実です。


3.他の方法と併用する

精力アップのツボを押すということは、たいていの場合、精力の減退や、ちんこが立たないという問題に直面している場合が多く、その場合、ツボだけに頼ることは、現実的ではありません。

西洋医学的見地と東洋医学的な方法の2つを合わせて行っていくことが、精力アップや精力減退の回復には効果的です。

たとえば、体の中からサプリメント等で栄養面を補充して、そして補助としてツボを押すことで相乗効果を期待できるという2つを組み合わせて対処することで、精力アップの効果は、より実感しやすく継続しやすいものとなってくるでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ