ちんこが立たない旦那には我慢できない?

EDになったとき、男性が焦り、ショックを受けて、落ち込み、治療に向けて動き出すことは、分かります。結婚している場合、ちんこが立たない旦那を奥様方はどのように感じているのでしょうか。ちんこの立たない旦那とは離婚したいと思っているこのか、それとも、一緒に手をとって協力していきたいと考えているのか、男性としては知りたいところです。


1.旦那の気持ち

自分がEDとなった場合に、まず男性としては、症状にショックを受けて、焦りながらも改善を模索するのが一般的です。

治療のために薬を服用したり、体質改善のために運動を始めたり、バランスの良い食事を心がけたり、金主禁煙などをはじめたり、ストレッチやセルフマッサージを始めたりと、下半身の元気を取り戻すために必死になって改善を心がけます。

その一方で、他人に悟られたりすることは出来るだけ避けたいと思うのが男性です。

つまり、自分の男性としての機能が失われたような気持ちになり、家族や配偶者であっても出来れば隠し通したいと思うのが、EDの悩みです。

男性としては、男性機能を失ったちんこの立たない旦那なんて、妻から三行半を突きつけられて離婚・離縁されるのではないかと、おびえる気持ちもあるのです。

そして、いざベッドの中で勃起不全で性行為が出来ない場合、一度二度は疲れやアルコールの姓にできる場合もありますが、数回にわたると言い訳が出来なくなります。

そのときに、妻の反応や自分の情けなさに打ちのめされるのが男性です。

2.奥様の気持ち

一方で、ちんこの立たない旦那が打ちのめされているに対して、奥様は意外と冷静だったりします。

ベッドの中で、勃起不全でセックスができなくても、男性と違って女性は刹那的な快楽ではありません。

身体的な快楽もありますが、女性の場合は心の安定が大切だったりします。

ですので、セックスによって勃起・射精ができなくても、前戯をしっかりとおこなうことで、女性は満足することもあり、勃起不全であるからといって女性を満足させられないということはないのです。

立たない旦那に対して、奥様は、色々な気持ちを持つでしょう。

関係が悪化してきている中でしたら、役に立たたずという気持ちを持つ場合もあるでしょうが、勃起できなくても体を重ねるだけでも満足という女性は多いです。

そして、病気であることを知れば、夫の病気と向き合ってくれる妻は多いのではないでしょうか。


3.隠すか打ち明けるか

EDであることを奥様に打ち明けるかどうかは、その夫婦間の関係によります。

ですので、こうあるべきということは言うことができません。

しかし、男性としての威厳や夫としての威厳を考える前に、今後の人生を妻と一緒に歩んでいくのであれば、二人してEDという病気と闘うほうが、良いのではないでしょうか。

こっそり隠して、邪推され浮気を疑われるよりは、良いかもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ