セックスで立たない時の一工夫

男性にとって、美しい女性とのベッドインは年齢を重ねてもうれしいものです。しかし、年齢を重ねるうちにセックスのときに男性器が立たないということに悩まされる場合があります。10代、20代のときはあれだけ早漏であったのに、今や、立ちが悪いということは良くあります。年齢を重ねて魅力は上がるが精力は減退しているのではもったいないと言わざるをえません。勃起不全、EDと呼ばれるセックスのときに勃起しない立たないという現象は、治療で治す事が可能です。


1.立たないことは病気か

若いころ、女性の扱いやセックスには自信があった人でも、年齢には勝てないというこえを良くききます。

ある程度の地位と名誉、お金を手に入れたからこそ、数ランクうえの女性が寄ってくるようになったのに、そんなときには、すでにちんこが立たないということになるのは、もったいないです。

セックスのときに立たないのが、加齢によるものだと原因がはっきりしていればいいですが、年齢的にも若いのにセックスのときに立たないという人もいます。

年齢の上下に関わらず、これらの人はEDの兆候があります。

EDは治療によって治すことが可能です。


2.セックスの準備をする

若さと元気がありあまっているときは、セックスの回数も無限に出来ると思い込んでいた時期は誰にでもあります。

しかし、精力が減退してくると、一日に何回もセックスは出来なくなってきますし、回数よりも質を求めるようになってきます。

精力が減退している場合のセックスは、セックスの前の準備が重要です。

まず、飲酒喫煙、暴飲暴食などの体に負担のかかる生活を改めましょう。

もちろん、少しのお酒は女性の気を落ち着かせ、自分自身をリラックスさせる意味でも有効ですが、深酒はセックスの際に立たないということを引き起こしますので、厳禁です。

また、女性のとのコミュニケーションが取れているようでしたら、セックスの前にお互いの体をマッサージしあってリラックスして気持ちから体をほぐしましょう。

そして、精力を増進するツボというものも存在します。

それらを指圧することでセックスの時の立ちかたが違います。

また、サプリメントやED治療薬を食事の後に飲んでおくことで、セックスの時に立たないという最悪の事態を避けることができます。


3.セックスで心がけること

ED気味にある人のセックスでは焦りは禁物です。

前戯をしっかりと行い、心と体をほぐして挿入にいどみましょう。

プレーの一環としての前戯は、興奮を高めるという意味もあれば、互いに利ラックするという効果もあります。

また下半身の血流を良くして血液の循環を良くするという効果もあります。

また、前儀ではセックスよりも強い刺激を与えることも可能ですから、相手と一緒に前儀を目いっぱい楽しんだ後にセックスすることで、いざセックスをするときに立たないということを避けることができます。

勢いだけのセックスから互いの体を思い合う、質を求めるセックスをすることで、自分の体にも相手の体にも優しいセックスをすることができます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ