勃起しなくなった原因は?

勃起不全(ED)というと加齢に伴って増加し、若い人にとっては関係ない病気だと思っている人もいると思います。

しかしそう思っていてもある日突然「勃起しなくなった」なんていう事が自分の身におこるかもしれません。

この勃起不全の原因には様々な要因があります。


1.複雑な勃起不全の原因

勃起不全の原因が糖尿病や高血圧などの病気が原因のものは、原因も特定しやすくわかりやいのでED治療もスムーズに進みます。

しかし勃起不全の原因は心因性の要素も多くあり、また疲労や睡眠不足などの日常的な積み重ねとも関わってきます。

これらが入り混じった複雑な要素をからめたものが勃起不全の原因となっている場合は、原因の特定も難しいというのが現状です。

一般的なED治療はまず内服薬によるED治療から始まります。

勃起しなくなったとあんなに悩んでいたものが、薬を飲む事で勃起するようになるというのは男性としての自信回復にも繋がります。

心因的な事が原因の勃起不全の場合はこの自信回復によって改善される場合も多く、薬を使わなくても勃起するようになったという声も良く聞きます。

血圧の薬のようにずっと飲み続けないといけないと言う訳ではなく、勃起不全の原因が解消されて薬の力を借りなくても性行為が行えるようになれば薬は必要ありません。

起不全の症状が出ているのにそのまま放置し続けていると症状も悪化し治療も長期戦になります。

おかしいなと感じた時点で医師に相談するなどの早めの対処が大切です。


2.ストレスフリーで勃起力アップ

精神的な要素が多い勃起不全ですが、病院に通わなくてもできる一番早い対処法が「ストレスフリー」な生活を送ると言う事です。

ストレスは万病のもとと言われるぐらい体に悪影響を及ぼします。

また現代社会はストレス社会と言われるぐらいストレスだらけです。そんな中で仕事・生活をしている私達にとってストレスは切っても切り離せないものだといえます。

しかしストレスを溜めないように努力することはできます。

適度に運動する・しっかりと睡眠をとるなどの生活習慣を見直す事もストレスを溜めない手段として有効ですが、その他にも美味しいものを食べに行く・たくさん笑う・アロマ・泣く・大声で歌うなどもストレス解消法として効果的です。

自分がやっていて気持ちいいと感じる事はストレス解消に繋がりますが、ただ何事もやり過ぎは要注意です。

度を超すと気持ちいいものも逆にストレスになってしまうからです。

このようにストレスフリーを目指すために出来る事はたくさんあります。

体は健康で絶好調なのに勃起しなくなったという場合はこの精神的な要素が多いと考えられますので、このようなストレスフリーを目指す事を始めてみましょう。

これらと併せてサプリメントの精力剤なども使用してみるのも有効な一つの方法です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ