男性機能障害の原因と対策 | ちんこの元気を取り戻す!

男性機能障害という言葉は、男性機能不全、勃起障害、EDという言葉などと並んで、世間で使われるようになってきましたが、意味としてはちんこが立たない状態を表現する言葉として使われていることがほとんどです。勃起障害とEDという言葉は、文字通り、ちんこが立たないと言う状態を表していますが、本来、男性機能障害という言葉や、男性機能不全という言葉は、勃起障害という言葉よりも大きな枠組みでとらえられています。


1.男性機能

男性機能障害は、男性機能の障害ですが、男性機能は勃起だけではありません。

つまり、ちんこが立たないという局部的な現象だけを捉えるのではなく、男性としての性欲だったり射精、オルガズム、精液・精子だったりと、これらのことを全て合わせて男性機能といいます。

ですので、ちんこが立たないという症状だけが勃起障害ではありません。

性欲から勃起、射精、オルガズム、そして精液の質と量まで、これらを全て含めた機能が男性機能というもので、男性機能障害とは、これらのいずれかに障害が生じている場合をいいます。


2.精液と勃起

精液の質は、体調などによっても変わりますし、遺伝によっても左右されます。

遺伝によって精子を作らない体質の人もいて、無精子症の人や、極端に精子が少ない場合もあり、これらの場合も男性機能障害と診断されます。

精液・静止に問題がある場合には、勃起や射精はうまくいくので、性行為には問題がありません。

ただ、妊娠・出産を考えている場合には、精子の質と量については病院で検査をしなければ、分からないという分かりにくさがあります。

射精については、感覚として鈍くなった場合や、快感を感じにくくなった場合には、交感神経に障害がある場合があります。

これも治療は人によって異なりますが、軽度の場合はマッサージやリラクゼーションなどで解消される場合もありますし、針灸やツボなども効果的であると考えられています。

このように、射精や精液・精子の問題は医師に相談するのが早いかもしれません。


3.勃起不全

一方で勃起不全、すなわちちんこが立たない場合には、医師に相談しなくても自分で解消できる場合があります。

血液の循環を良くして、体調を整えて、サプリで男性ホルモンのバランスを整えることで、ある程度治す事が可能です。

もちろん、ストレスや緊張などが原因となっている場合には、その原因を取り除かなければなりませんが、ちんこが立たないということは、症状として分かりやすく、対処の方法が沢山あります。

男性機能障害の一人ひとりの原因を、追求して、自分にあったED治療を選択することが、男性機能障害の治療では重要になります。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ