レバーが精力増強に効果的って本当? | ちんこを元気にする方法

レバーは肉料理の食材としては栄養価が高いことが知られています。レバーを多く食べることで、果たして精力が増強されるのでしょうか。


1.レバーとはどのような食材なのでしょうか

レバーはお肉のなかでも独特の食感と風味があって、なかには苦手な人もいますが、好きな人にとってはたまらないものですよね。

レバーとは肝臓のことをいい、鶏、豚、牛の3種類があります。

鶏レバーはこれらのなかで最もカロリーが少なく、癖がない比較的あっさりとした味が特徴ですが、ビタミンAが最も多く含まれているので過剰摂取に注意したいものです。

豚レバーは鉄分が最も多く含まれているほかビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCも多く、またタンパク質やアミノ酸も豊富です。

牛レバーはレバーとしては最もポピュラーでビタミンAも少なめですが、脂質や炭水化物を多いのが特徴です。

レバーは食べて美味しいだけではなく栄養価も高い食材として知られていますが、実はそれだけではなく精力アップに非常に効果的であることも知られています。


2.レバーの精力増強効果

レバーにはタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれていて、これが疲労回復や滋養強壮効果があり、精力増進にもつながります。

レバーの精力増強効果として特筆すべき点は、各種ミネラルが豊富であるということで、なかでもセックスミネラルとして有名な亜鉛や、精子を増やす働きのある鉄が豊富であるという点です。

またレバーには精子を増やす効果や精力アップに欠かせないビタミンA、B群、Cも多く含まれています。

こうした栄養素は特に豚レバーに多く含まれていて、レバニラ炒めとして食べるとニラに含まれているアリシンがレバーのビタミンB1の体内への吸収を高めるため一層効果的です。


3.精力剤とレバーを利用して精力アップを

このようにレバーはちんこを元気にする方法として精力アップに欠かせない食材です。

しかし毎日レバーを食べ続けることは、実際にはなかなか難しいものです。

それにレバーに多く含まれているビタミンAは、過剰摂取すると吐き気や頭痛などの中毒症状を引き起こすことがあります。

そのため精力をつけようとして一度にたくさんレバーを食べることは、かえって危険です。

そこでちんこを元気にする方法としておすすめしたいのが、レバーと精力剤との併用です。

毎日の食材としてレバーを取り入れつつ、ビタミンAや亜鉛などの過剰摂取をしない範囲で精力剤を飲むことで、より精力がアップします。

ちんこを元気にする方法として、ぜひレバーと精力剤を取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ