加齢とともに勃起しづらくなる理由とその対策

若い時は女性を見ているだけで勃起していた男性器も、年を重ねるうちにだんだんと反応が遅くなっていきます。

生物学的な観点からは、当然のことともいえます。というのも、セックスは遺伝子を次世代に残すもので、それが終わる年代になったら、もはや勃起は必要なくなるからです。

しかし、人間にとってセックスは単に子供を残すだけではなく、女性との重要なコミュニケーションツールであり、またそれ自体が楽しみでもあります。

したがって、いくつになっても、きちんと勃起し女性とセックスができるということは、人生において重要な要素といえます。

年を取って勃起しづらくなる原因は、男性ホルモンの低下が大きな要素だといわれています。男性ホルモンの低下は、EDだけではなくうつ病のの原因をもたらすともいわれています。

では、どのようにして男性ホルモンの低下を防げばいいのでしょうか?

まずは、運動です。筋力の衰えと男性ホルモンの低下には因果関係があります。だから、運動をして筋肉量を増やしましょう。

次に、ストレスのない生活です。ちょうど加齢が進む年代と社会的地位が高くなる年代が重なっています。つまり、社会的地位が上がり責任のある仕事が増えると、ストレスが増え男性ホルモンが低下するのです。したがって、できるだけストレスを解消するような生活をしましょう。

ただ、忙しい世代ですから、その状況の中でできることは限られています。

そこで、限られた時間の中で有効に男性ホルモンの分泌を向上させ、男性らしさを取り戻すにはどうすればいいでしょうか?

それには体の機能を活性化させ男性らしさを取り戻すサプリメントを摂取する方法をお勧めします。たとえば、ビガリスです。

ビガリスにはマカとトンカットアリという天然のバイアグラともいわれる有効な成分が配合されています。マカはペルーの植物で滋養強壮に効用がある点で有名ですね。

トンカットアリはシンガポールなどの東南アジアのに植生しているハーブです。知名度ではマカに劣りますが効用はマカと同様に滋養強壮や精力増進の高い植物です。

このように簡単にかつ有効なサプリメントを取って、男性らしさを取り戻し楽しい人生を送って行こうではありませんか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ