勃起力増強は可能?不可能?

精力減退や勃起力低下などで悩む男性は実はすごく多いのです。悩んでいる方々は、誰かに相談したくてもカッコ悪くて誰にも相談できないという辛い男心を抱えています。

「勃起力増強のためにはどうしたらいいの?」「本当に勃起力って増強できるの!?」といろんな疑問があると思いますが、その答えを知るためにはまず基本的な勃起についての仕組みを知っておく必要があります。


1.勃起力とは?

勃起力とは字の通り「勃起する力」の事を言います。陰茎にはスポンジのような海綿体という組織があります。性的な興奮が加わると陰茎に動脈血が多く流れ込み海綿体も血液で充満します。この一連の流れで陰茎が太く固くなり勃起がおこるのです。

10代・20代の頃は性欲も旺盛で、勃起について深く考える事もなかったと思います。ましてや勃起力が低下すると言う事や、勃起力増強させる事などはまったく考えなかったと思います。

しかし実は20代が一番勃起力が強く、30代・40代と年齢を重ねるごとに勃起力は低下していくのです。

勃起には男性ホルモンのテストステロンが深く関わっています。このテストステロンというホルモンは生殖機能に大きく関わっているので、テストステロンの減少が勃起力低下に繋がっていくのです。

一般には20才代をピークにこのテストステロンは減少し始めます。年をとると性欲がなくなるとか元気がなくなると言われているのはこのテストステロンが減少するためです。

このように年齢を重ねるごとにテストステロンの分泌は少しずつ低下していきますが、それだけではなく働き盛りの年齢になるとストレスなどの精神的な要因により一気に低下する事もあります。

若いのに勃起力が弱かったり、年をとっていても勃起力が強い人がいると思いますが、ホルモン分泌は精神的な影響を受けやすいので、同じ年齢でも人により分泌量も異なり勃起力も違うと言う訳なのです。


2.勃起力を高めるには?

勃起力が低下している原因が年齢によるものならば治らないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、勃起力低下の原因は決して年齢だけではありません。

ストレスなどの精神的な影響や、睡眠不足・運動不足、また高血圧・糖尿病などの生活習慣病が原因となっている場合もあります。その他、飲酒や喫煙も影響を与えると言われています。

不規則な生活は体だけではなく精神的に与える影響も大きいのです。つまり言いかえるとこれらの生活習慣を改善するだけで勃起力増強をはかる事ができる言う事なのです。

以上のように勃起力に影響を与える要因はたくさんあります。病院を受診する事も方法の一つですが、生活習慣の乱れはホルモンバランスの乱れにも繋がります。

まずは生活習慣を整える・体調を良くし健康を維持するという事を心がける事で、勃起力増強にも繋がってくると言えるでしょう。

勃起力増量は決して不可能な事ではなく、ちょっとした意識で誰でも可能な事なのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ