ちんこがたたないときの日常からの改善方法

ちんこがたたないことを改善するには、日々の生活が大切なことは、言うまでもありません。ただ、日々の生活改善とは、どのような生活を送ればよいのでしょうか。早寝早起きの規則正しい生活、バランスの取れた食事、適度な運動、適度な睡眠、生活改善とは一般的にはこれらのことをいいます。しかし、仕事やプライベートが忙しく、どうしてもそこまでのことができない、ということもあるかもしれません。しかしちょっとした工夫で生活改善に近づくことが出来ます。


1.生活改善の必要性

生活改善はたたないちんこを改善するのに有効です。

睡眠不足や仕事でのストレスは、心因性EDで下半身に良くないですし、偏った食事や運動不足は血行が悪くなり、男性器に血流が集まりにくくなり勃起不全の原因となります。

ですので、できるだけ健康的な生活をすることでちんこがたたないという症状は改善できます。


2.自分の周りの環境とED治療

生活の改善が必要だとわかっていても、環境やおかれている状況によってに出来ない場合などは、多々あります。

仕事が忙しくてかえって寝るだけの生活をしている多忙な社会人の場合には、食事に気を使うこともできなければ、睡眠時間だってギリギリ、運動する時間なんてないという人も多くいます。

しかし、この状態で放置すると、健康的にも被害が出るだけでなく、下半身的にもちんこがたたないという症状は悪化するばかりです。

勃起不全は、できることなら早期に治療しておきたいと思うのが男性共通の思いであると同時に医学的にも軽度の勃起障害であるうちに治療しておくことが重要です。

もちろん、今、ED治療のために時間を費やすことの出来るひとは、治療をスタートすることが望ましいですが、時間が取れない人であっても、ED治療が出来ることが世の男性にとっては、歓迎されます。


3.忙しい人のためのED治療

ED治療に時間を割けない人のためのED治療は、日常の生活と共にできることが重要です。

たとえば風呂上りに下半身のストレッチ、マッサージを自分でして下半身の血流を活性化するというものであったり、サプリメントを食後に飲んで食生活の改善をはかる、下半身のトレーニングを毎日5分だけ行うなど、毎日の生活のなかで、10分、15分程度で出来ることが、勃起不全の改善につながります。

もちろん、これは勃起不全だけに効くものではなく、日常生活の病気対策を考えても有効な方法です。

ちんこがたたないということは、下半身だけに焦点が当たって、勃起すれば良いというように考えがちですが、勃起不全は大病のシグナルでもある場合があります。

糖尿病や心疾患、神経系の病気とつながっている場合もあります。

勃起不全は血流による症状ですから、血管によって他の器官とのつながりから、勃起不全が体質改善などでも治らない場合には、大病を疑い医師に相談することをお勧めします。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ