男性必見!勃起力を鍛える方法

セックスの時に最近前よりも元気がなくなった・・と勃起力の低下を感じている人は意外に多いものです。そして勃起は精神的な影響をモロにうけるので、悩む事でさらに勃起しにくくなり負のスパイラルに迷い込んでしまう事も結構よくある話です。

そんな時は勃起力を鍛える事を考えてみまっしょう。勃起力低下に悩んでいる人へ簡単で手軽にできる勃起力を鍛える方法をお伝えします。


1.筋力トレーニングと勃起力の関係

2008年に始まった通称「メタボ健診」によりメトボリックシンドロームという言葉も有名になり、また近年の健康志向ブームも伴い、どんなに忙しくても仕事帰りにジムに通うサラリーマンや・早朝ジョギングなど運動をする人が増えてきました。

この事と勃起力は全然関係ないと思うかもしれませんが、実は深い関係があるのです。

勃起力低下の原因はホルモンだけではなく様々な要因があります。

生活習慣の乱れによる肥満などもそのうちの一つです。また勃起は陰茎の海綿状に血液が流れ込んで起こるので、デスクワークで下半身の血流が悪くなるのも実は勃起力低下の原因となるのです。

そこで勃起力を鍛える方法としておすすめなのが筋力トレーニングです。

筋力トレーニングをする事で肥満の防止に役立つだけではなく、血流が良くなり陰茎海綿体に流れ込む血液量の増えます。また筋肉量が増える事で実はホルモン分泌も増えるのです。

男性ホルモンのテストステロンは勃起に深く関係しているのでホルモン分泌が増える事で勃起力にも効果があると言う訳です。


2.効果的な筋力トレーニング法

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動ももちろん効果的なのですが、勃起力を鍛えるのに一番有効とされているのが下半身を鍛えるスクワットです。

スクワットは「骨盤底筋群」を鍛える事ができるので男女問わず尿漏れ予防のトレーニングとして有名ですが、男性の場合は勃起している時は陰茎の根元を骨盤底筋群が締め付け、海綿体に集まった血液が外に流れるのを防いでいるのです。

つまり骨盤底筋群を鍛える事で勃起力を持続させる事ができるのです。また、肛門を数秒間締めたりゆるめたりを繰り返すだけでも骨盤底筋群を鍛える事ができます。

筋肉トレーニングというとジムなどに通わなくてはいけないと思っている人もいるかも知れませんが、このようにお金をかけずに自宅でできる簡単トレーニングで勃起力を鍛える事ができるのです。

回数は少なくても毎日地道に続けていく事で効果が得られるものなので、いきなりスクワット100回などと無理はせず、10回・20回ぐらいからスタートし、慣れてきたら徐々に回数を増やしていくとよいでしょう。

また運動はストレス発散効果もありますので、筋肉を鍛えながらストレスという精神的要因を排除させるというダブル効果もあるのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ