精力増強に効果的な体操 | ちんこを元気にする方法

精力が減退する原因としては、ストレスや喫煙、栄養バランスが偏った食生活や不規則な生活習慣などさまざまありますが、見逃せないのは運動不足です。運動不足を解消して精力増強させる体操とは、どのようなものがあるのでしょうか。


1.全身の血流を良くする体操

勃起力が落ちる原因のひとつに、特に下半身の血流不足があげられます。

下半身の血流が悪くなると男性ホルモンが減少するだけでなくセックスの際に海綿体へ流れ込む血液の量が少ないために勃起不足や中折れなどの原因となります。

これを改善する方法として、スクワットや腹筋、それに股関節ストレッチなどがちんこを元気にする方法として効果的です。

なかでもスクワットは下半身を強化して精力増強に欠かせない体操ですよね。

スクワットや腹筋を毎日無理のない範囲で行うことで、一時的に男性ホルモンが消費されるのですが、それを補うために脳から副腎や精巣などへ男性ホルモンを増やすように指示が出て、これが男性ホルモン増加につながります。

しかも下半身の血流が増大するために、勃起力もアップするのです。


2.肛門を鍛える

勃起力を高めるためには、肛門は切り離すことができない大切な部分です。

肛門とちんこの間にあるPC筋とよばれる部分を鍛えることが、勃起力を高めることができる精力増強のために重要な体操なのです。

方法はとても簡単で、椅子に座って肛門を5秒間ギュッと締め、その後5秒間緩めます。

これを10回で1セットとして1日3セット、つまり30回行うようにします。

ポイントとしては、PC筋自体を鍛えるというよりも、肛門を締めたときに血液がちんこに流れることをイメージして行うことが大切です。

この方法はいつでもどこでも行うことができますし、1か月程度続けると効果が実感できます。


3. 有酸素運動も重要

男性ホルモンを増加させて全身の血流を良くするには、有酸素運動も効果的です。

腕立て伏せなどの室内で行える精力増強のための体操ももちろん有効ですが、屋外へ出てジョギングやウォーキングを行うのもストレス解消にもなって効果的です。

特にウォーキングは全身の新陳代謝を活発にするだけでなく、前立腺でのテストステロンを活性化してジヒドロテストステロンとして、精力を高める効果があります。

ウォーキングをより効果的なものとするには、やはり30分以上、汗ばむ程度は続ける必要があります。

全身の持久力が高まれば勃起力だけではなくセックスの際の持続力も大きくアップしますので、ぜひおすすめです。

こうした精力増強のための体操を行うと同時に、精力剤を併用することがちんこを元気にする方法としておすすめです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ