精力アップに効果的な食べ物 | 勃起力を回復させる方法

精力アップを目指すためには、食生活の改善が肝心です。これは精力アップだけでなく、健康に日常生活を営む上でも体調は整えなければなりませんし、そのためにも食べ物にはこだわらなければなりません。バランスをとれた食事で体調を整えることも、いざという時にちんこが立たないということを避けるためにも重要ですが、精力アップに特化した食べ物を食べて、心身ともに健康な性生活を送りましょう。


1.食べ物の効果は迷信か

精力アップに効く食べ物といえば、何が思いつくでしょうか。

すっぽん、にんにく、うなぎ、焼肉、山いも、などなど精力アップに良いと言われている食べ物は、沢山あります。

昔から精がつくといわれている食べ物には、それなりの効果があると言っても良いでしょう。

もちろん、基本的にはバランスを考えて食べ物を食べなければなりません。

いくら精力アップといっても、毎日焼肉だけでは、体の栄養バランスを欠くこととなってしまい本末転倒です。

また、迷信的に信じられている食べ物もあります。

ですので、バランスよく食べるということを意識した上で、そのうえで精力アップにつながる食べ物を食べる事でちんこが立たないという事態を回避しましょう。


2.精力アップの食べ物

昔から精のつく食べ物といわれているものには、色々ありますが、うなぎや焼肉、山芋やオクラといった粘々した食べ物、にんじんなどの根の食べ物など、中には玄米というものもあって様々です。

それぞれ、由来がありますが、精がつくということばは、エッチのときに元気になるというだけの意味ではありません。

すなわち、生活全体としてスタミナがつくとか、体力増進とか、元気が出るという意味で使われてきました。

なので、食べたから即、立たないちんこが立つというような効果がないことには注意が必要です。

食べ物も、日々のバランスの取れた食生活の積み重ねによって改善されていくということに注意が必要です。


3.精のつく食べ物

山芋やオクラなどの粘々した食べ物、ヌルヌルの食べ物は、昔から精がつくといわれています。

もちろん、食べ物としても健康に良いですし、実際に食物繊維や多糖類、たんぱく質は体に良いです。

しかし、それが直接、勃起不全に影響するか、立たないちんこに影響を与えるかというと疑問です。

迷信的に精液の粘つきと似ていることから、それを窃取することで精がつくというように言い伝えられてきたという説もあるようです。

また、うなぎや焼肉、にんにくなども、食べると元気になると言われています。

もちろん、たんぱく質が豊富で体調にも精力アップにも良いでしょう。

しかし、食べたから、即効果をあらわすものではありません。

しかし、他の食べ物と比べたとき、その影響・効果が大きいことは変わりありません。

また、メンタルとして、日々精のつくものを食べたということが、自信につながります。

ですので、これらは医学的見地からも効果はありますが、メンタル的にも、これらの食べ物を食べたことがベッドの中での自信につながることで、精力アップにつながるといっても良いでしょう。

また、現在はこれらの成分がサプリメントになっているものもありますので、これらの充実した食生活が難しくても、簡単に窃取することは可能です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ