精力増強させるツボ押しの効果的な方法

「セックスの最中に元気がなくなって萎えてしまう事がある」という経験をした事がある男性は実は意外に多いのです。

医学用語だったED(勃起障害)という言葉がCMなどで知られるようになり認知度があがり、昔はあまり気にしなかったちょっとした勃起トラブルで「もしかしてED!?」と思ってしまう人が増えてきているようです。

しかし意外に知らないのが、ツボ押しで精力を増強・回復させる事が出来ると言う事です。


1.ツボ押しは誰でも効果があるの?

精力アップのツボとしては全身いろいろな所にありますが、そこで気になるのがこのツボ押しは勃起力が低下している全ての人に効果的なのかどうかです。

勃起力低下の原因には日常的なストレスなどの精神的要因と、疲労・睡眠不足・加齢などの肉体的要因、糖尿病・高血圧などの生活習慣病やその他の病気が要因となっている場合もあります。

病気が勃起に悪影響を及ぼしている場合はその病気の治療が必要不可欠となりますのでツボ押しでは改善しない事がありますが、精神的要因・肉体的要因の場合はこのツボ押しで精力をアップさせる事ができたり体調を整えたりする事ができるのです。

まずは自分の勃起力低下を招いている原因を知る事が大切なのです。


2.正しいツボ押しの方法

精力に効くツボを刺激しているのだけども全然効果がないという人は、ツボの押すポイントを間違えている又は正しい押しかたが出来ていない場合が考えられます。

一番多いのが、押す力が弱いと言う事です。ツボ押しは軽く抑える程度では刺激が伝わらず効果がありません。

悶絶するぐらい思いっきり強く押しこむ必要はありませんが、ちょっと痛気持ちいいと感じるぐらいの力加減で押すと効果的です。

また垂直にしっかりと押す事も大切です。斜めから押したり場所がズレていると、押す力も分散してしまい正しいツボをピンポイントで押す事も難しくなります。

親指を使って真上からしっかりと垂直に押すようにするとよいでしょう。

押す時にゆっくりと息を吐きながら行うと、リラックスしてしっかりと押す事ができます。

呼吸と同時に体も上下に動かしながら行うとより押すイメージが作りやすいと思います。

精力に効くツボとしては「関元」「大赫」「命門」などが有名ですが、これらのツボを正しい押し方で10〜20回を目安に刺激してみると良いでしょう。
またお灸などを使って温めてみるのも効果的です。

なるべく早くに効果を出したいと言う人は、これらのツボ押しを行いながらサプリメントや精力剤などを使ってみるとより効果が早く感じられるかもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ