アリシンの勃起効果|ちんこを元気にする方法

ちんこを元気にする方法として、勃起の効果を期待したアリシンの利用に、効き目はあるでしょうか?


1.アリシンとは

アリシンとは何でしょうか?

アリシンは、にんにく、ニラ、たまねぎ、ネギなどの香りが強い野菜に含まれている香気成分です。

特に多く含んでいるのが、にんにく。

にんにくの独特の香りは,アリシンに由来するものです。

アリシンの効果として、疲労回復、血流改善、生活習慣病予防、血糖値上昇の抑制、などが挙げられます。


2.アリシンに勃起効果はあるか?

勃起まで時間がかかる、勃起しても持続できない、中折れ等の勃起不全で悩む男性が
少なくありません。

勃起不全の改善に、勃起に有効と言われる成分の1つに挙げられるアリシン。

本当にアリシンに勃起効果があるのでしょうか?

アリシンには、正常な勃起を妨げる原因の緩和や改善を促す働きがあります。

勃起が成立するには、ペニスへの十分な血流と血圧が必要ですが、血行不良や血管の萎縮によってそれが妨げられている場合があります。

アリシンには、血流改善や血糖値上昇の抑制などの効用があることから、血流に関わる勃起不全には、アリシンが有効と考えらえます。

このように問題の緩和や改善には効果的と思われるものの、アリシンが勃起力アップなどのピンポイントでの男性機能の促進に対して効果的かどうかは不明です。


3.アリシンの正しい摂り方

アリシンは、それを含む食品を潰したり、切ったり、加熱したりという調理を加えることで、その成分効果が発揮されると言われています。

また、油で調理することによって、アリシン成分が壊れにくくなるため、より効果的に摂取できるそうです。

にんにくを生で食べる場合は、1日1片程度、加熱した場合で2から3片程度が適量です。

過剰に摂取すると、血流がよくなり過ぎて腹痛やめまい、貧血、また血が止まりにくくなるといった症状が出てしまう場合があります。

またネギに特有のアレルギー性の皮膚炎を発症する場合もあるため、効果を期待して、過剰な摂取はしないように注意しましょう。

香り成分の強いアリシンは、タンパク質との相性がいい成分。

その特徴を利用して、におい対策が可能です。

食前ならば牛乳を飲む、食事中ならチーズを食べたり、コーヒーや緑茶を飲む、また食後にりんごを食べる等で、においが緩和できます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ