うなぎの効果 | 精力回復に効果的な食べ物

スタミナ料理の代表格といえばうなぎです。うなぎは昔から、土用の丑の日などに食べられてきました。夏場の暑いひにスタミナをつける、性をつける際にはうなぎを食べて英気をやしなっていたのです。でも、科学の発達した今日、うなぎで精がつくというのは、本当なのでしょうか。うなぎを食べることで立たないちんこが回復するというような勃起不全の解消が可能なのでしょうか。


1.うなぎのもつ成分

うなぎはすっぽんなどと比べ、スーパーや食品店などでも売られているので、近年価格が高騰している場合もありますが、比較的手に入りやすく一般家庭でも食べられています。

食べ方は、蒲焼などが一般的ですが、おすいものなどでも食べられています。

うなぎを食べて精が出るというのは、土用の丑の日などで食べられていて夏バテ予防の習慣の名残であるという可能性もありますが、実際にうなぎは高いたんぱく質をもち、ビタミンなども豊富です。

また亜鉛も多く含まれていることから精力増進に良いことは間違いありません。

また、うなぎは冬にかけて冬眠をするので、体の中に栄養を溜め込みます。

その結果、油の乗ったうなぎとなり、土用の丑の日の夏場のうなぎよりも、秋口、冬にかけてのうなぎの方が味としては美味しいといわれていたりします。


2.うなぎを食べて精力回復

ちんこが立たないというED・勃起障害の場合に、うなぎは亜鉛を含むこととから、精力増進の効果があり、回復に効果的です。

また、ビタミンを多く含みたんぱく質も多いので、食べることで疲労回復、血液サラサラ効果など、様々な健康を実感することが出来ます。


3.うなぎ成分を簡単摂取

しかし、近年、うなぎの収穫量が減っていることも合って、うなぎは高級品になりつつあります。

また、外国産のうなぎには、発がん性物質や農薬が混入されていることが数年前から報道されており、うなぎに対する安全性が問われています。

うなぎを食べて精力回復ををしたいけれども、価格もあってたまにしか食べられない、外国産のうなぎを食べるのは危険ということもあって、国産うなぎばかりを食べて精力回復を望むのが難しい場合、サプリメントで補うと言う方法、一つの方法です。

サプリメントではうなぎの持つ成分を軽く超える量のビタミン、亜鉛などなどを摂取することが出来ますし、自分の症状にあわせてサプリメントを変えることが出来ます。

また、薬と違い副作用の心配もありません。

毎日簡単にうなぎを食べるのと同じ成分をサプリでとることで、健康はもちろん、男性機能も回復していくはずです。

もちろんバランスの取れた食事は大事です。

それに加えてサプリメントを飲むことで、健康な体、元気な下半身を取り戻しましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ