勃起が長続きしないはちんこのSOS

勃起はするものの長続きしない症状、または途中で萎えてしまう、いわゆる中折れの症状は、勃起不全、いわゆるEDの疑いがあります。

とりあえずは勃起するから大丈夫、と長続きしないことを放置していると、症状が悪化し、そのうちに全く勃起しないという事態になりかねません。

中折れが、たまにならまだしも、頻繁に繰り返されるようになってしまうと、パートナーとの関係悪化につながってしまうかもしれません。

一応は勃起するから、と安心せずに、勃起が長続きしない原因を知りましょう。


1.勃起が長続きしない主な原因

一般に、勃起が長続きしないという症状を含むEDの主たる原因は、心因性、器質性、そして薬剤性の3つと言われています。


1.心因性の原因

勃起しなければ、というストレスやプレッシャー、また過去の嫌な体験によるトラウマから、勃起が長続きしない場合があります。

セックスの相手以上に、自分で自分にプレッシャーをかけ過ぎていることも考えられます。

優しい男性や、責任感の強い男性が陥りがちな心因性の原因から長続きしない勃起。

その改善には、持続力に効果のある精力剤やサプリメントを利用して、気持ちを楽にすることで簡単に治ることもあります。


2.器質性の原因

加齢や、糖尿病や高血圧等の生活習慣病など血管や神経に支障が生じることで、勃起が長続きしない状態に至っていることも考えられます。

中高年世代は、年だから仕方がないと諦めたり放置しがちですが、勃起が長続きしないのは、隠れた病気のサインかもしれません。

勃起が早く萎えてしまう、に気づいたら、早めに専門家に相談です。


3.薬剤性の原因

病気治療のために服用している薬剤が原因で、勃起が長続きしない場合があります。

特に、神経、循環器系および消化管系に作用する薬剤を服用している場合に、その傾向がみられます。

服用している薬剤を変更できるか等、専門医に相談してみましょう。


2.勃起の持続力を回復する方法

勃起の持続力を回復するには、どのような方法があるのでしょうか?

長続きする、元気なちんこにする方法として、代表的なものは、精力剤の利用と
筋力アップの運動です。


1.精力剤やサプリメント

専門医の診断に従って、適切な精力剤やサプリメントを使ってみましょう。

早く治したいからと、強い効果のある薬を安易に服用するのは危険です。


2.筋力アップの運動

勃起と勃起の持続に最も効果的な運動が、太ももの内側にある筋肉、内転筋、を鍛えるスクワット。

毎日継続することで、より効果が期待できる筋力アップの運動です。


3.勃起が長続きしないを見過ごさないで

ちんこを元気にする方法は他にもたくさんありますが、実際にどの方法を採るかは、勃起が長続きしない原因を見極めてからの話です。

ちんこを元気にする方法は、ちんこの異変を見過ごさないことから始まります。

勃起が長続きしないのは、ちんこからのSOS。

見過ごさないで。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ