ちんこがたたないときの対策

女性と付き合うのに、知り合ってから、ご飯に誘い、デートに誘い、口説き落としてやっと、一緒にベッドに入ったのに、いざというときにちんこがたたないという場合、どうすればいいのか。この場合、いくつかの想定できる対策をたてておくことで、焦らず対応できます。備えあれば憂いなし、万が一の際の対策をたてておいて、損は無いでしょう。ちんこがたたないときに、考えても遅いのです。


1.言い訳のパターン化

いざ、ちんこがたたないという場合には、その原因を女性に説明する必要があります。

女性には男性器がないので、ちんこがたたないという状態がどのような状態であるかを理解することが難しいのです。

男性が女性の快楽の状況を心のそこから理解することが難しいように、女性にとってもちんこがたたないということを理解するのは難しいのです。

対策としてはいくつかテンプレートの言い訳・釈明を用意しておきましょう。

疲れがたまっているとか、飲みすぎたとか、肝心なのは、良い雰囲気になったのにセックスが出来ないこを彼女に謝って、それでも彼女と一緒にいることができてうれしいことを伝えましょう。

女性は男性と違って刹那的な快楽を求めるよりも、心のつながりや安定を求める傾向にあります。

セックスできなくても、彼女と一緒にいれてうれしいことを伝えると、彼女が、自分のちんこがたたないことを訝しげに思うことは避けられるかもしれません。


2.強い刺激を与えてみる

ベッドの中で勃起しない場合には、刺激が足りない場合があります。

意中の彼女とのセックスということや、初めてのセックス、久しぶりのセックスとなると、本当に上手くセックスできるのか自分自身で不安を抱えて、それが緊張となり勃起しない場合があります。

そのような場合の対策としては、強い刺激を与えてみるのも一つの手です。

つまり、彼女にお願いして、口や体、胸などをつかって男性器に強い刺激を与えてもらうことで、勃起不全が解消される場合があります。

また、自慰行為・オナニーのように自分で自分の快楽を感じる刺激を与えることで元気になる可能性もあります。

緊張からくる勃起不全は、勃起してしまえば、その後は勃起が継続できる傾向が強いので、強い刺激を男性器にあたえるという対策で、セックスのときにちんこがたたないという症状は、改善される場合があります。

一度彼女とのセックスが成功すれば、自身となるので、緊張が徐々に解けていき、勃起不全の症状は改善される場合もあります。


2.それでも勃起しない場合

それでも勃起しない場合には、彼女にも打ち明けて、ED治療にとりかかりましょう。

EDだけでなく、他の病気も併発している場合もありますので、医師に相談するのも一つの方法です。

また、サプリメントなどで勃起を促進するものもありますので、体に負担をかけずに治療するにはおすすめできます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ