勃起補助具でEDをサポート

勃起障害・勃起不全と呼ばれる「ED」の治療法はめまぐるしい進化を遂げてきました。

特にバイアグラの発売でED治療が投薬で行えるようになり、ED治療は一気に前進したのです。

しかしそんな中でも勃起補助具を使った治療と言うものがあります。勃起補助とは一体どういう事なのか見てみましょう。


1.ED治療薬は誰にでも効果があるわけではない

EDの治療としてはまずED治療薬による治療とカウンセリングがあります。

しかしED治療薬は心臓疾患でニトログリセリンなどの硝酸剤を飲んでいる人は使用できませんし、高血圧で血圧の薬を飲んでいる人なども薬によってはED治療薬を使用できない場合があります。

一つ一つの薬は大丈夫でも、他の薬との相互作用によって重篤な副作用を引き起こす可能性もあるため、薬を服用している人は必ず医師に相談しましょう。

またED治療薬の効果は高いとはいえ、100%効果があるわけではありません。

動脈硬化などで血液の流れが悪くなっている場合は、ED治療薬を飲んでも効果が表れにくい場合があります。

また中にはバイアグラなどのED治療薬を望まない人もいます。

そういったED治療薬が効かなかった・望まない人には勃起補助具による治療が有効です。


2.安全性の高い勃起補助具

勃起補助具とは正式には「陰圧式勃起補助具」といい、陰茎の根元にゴムのリングをつけ陰茎をうっ血させ、専用の器具で陰茎に陰圧をかける事で勃起させるという方法になります。

根元を締める事で勃起補助をしてあげるという原理で、薬を使う訳ではないので安全性も高くまたどのようなタイプのEDにも使えると言う事で有効性も高いものです。

しかし、陰茎を締める事による疼痛や、扱いのわずらわしさ、パートナーの理解が必要でムードをそこねるなどのデメリットもあります。

日本では1998年にこの陰圧式勃起補助具が医療用具として取り扱われる事になりました。

そのため、厚生労働省の認可がおりていないものは販売できなくなりました。

厚生労働省の認可を得ている陰圧式勃起補助具としては「VCD式カンキ」・ベトコ・リテントがあります。

ED治療はED治療薬が第一選択となっており、ほぼこの第一選択内で治療効果も十分発揮できていますが、どんな薬にも副作用が必ずあるように、万能薬というものは存在しないのです。

その事を考えると、ED治療薬のその次の治療方法として勃起補助を行う陰圧式勃起補助具があるというのは、EDで悩む男性にとっては心強い限りです。

勃起補助具を使用しながら強壮剤などの精力剤を一緒に使う事でより効果を実感できる事でしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ