中折れ防止のトレーニング | 精力回復の秘訣

中折れを防止したい、中折れを改善したいという人のなかでも、薬などに頼らず治したいという人は、トレーニングによって中折れの防止、EDの治療が行える場合があります。もちろん、症状は人それぞれちがいます。ちんこが立たないというだけの人もいれば、中折れするという人もおり、症状は多様なので、効果が覿面に現れる人もあれば、効果が薄い人もいます。ED・勃起不全、中折れはトレーニングによって、中折れは防止できると言われています。中折れ防止のトレーニング方法の一部を紹介します。


1.中折れ防止トレーニング

中折れ防止トレーニングとは、セックスの際に勃起が維持できないいわゆる中折れを防止するためのトレーニングです。

しかし、何が正しいトレーニングで、どの部分を鍛えればいいのかがいまいち分かりにくいのが、中折れ防止トレーニングの分かりにくさです。

しかし、体のメカニズムを知って、鍛える部分を知り効果を実感することで、中折れ防止トレーニングの成果は出てきます。

効果が現れる時期は人それぞれですが、ちんこが立たないという状況を本気で改善したいなら、トレーニングを試してみる価値はあります。

中折れが起こる原因は、勃起した男性器から血液を体内に循環させてすぎていることが原因となっています。

つまり、勃起によって男性器に血液が集中してめぐり、その後勃起を維持する場合には筋肉を使って集中した血液を体内に戻さないようにしなければなりません。

それを防ぐためにも、筋肉のトレーニングによって鍛え、勃起の維持する力を回復するというものです。


2.下半身を鍛える

下半身を鍛えることは、勃起の維持・中折れ防止だけでなく、EDそのもの、また足腰の安定と言う側面からも大切です。

勃起を維持させるための筋肉は腰の下の骨盤辺りの筋肉です。

その筋肉を鍛える場合に有効なトレーニングは、スクワットです。

スクワットをすることで、下半身全体だけでなく、勃起維持の筋肉そのものを鍛えることが出来ます。

ただ、スクワットの回数を増やすだけでもいいですが、せっかくならば中折れ防止にダイレクトに効くトレーニングをしたいはず。

その場合は、スクワットをゆっくり行うということを心がけます。

そして、姿勢を伸ばしたまま太ももが地面と並行になる状態で5秒から10秒とめて体を起こします。

これを繰り返すことで、骨盤のそこの筋肉が鍛えられて勃起の維持中折れ防止のトレーニングとなります。

これは、勃起維持だけでなく下半身の強化にもつながるので、下半身の血流を活発化して勃起し焼く酸くするトレーニングでもあります。

トレーニングの際は必ず鍛える筋肉を意識して、尻の括約筋付近全体に力が入っていることを意識したうえで行うことで、より効果的にトレーニングが可能となります。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ