エッチ中の中折れの原因

エッチ中に中折れしてしまった時は男女ともにとても気まずい雰囲気が流れます。女性は不満足で終わりますし、男性にとっては自信の喪失にもなりかねません。

この中折れの原因は何なのでしょうか?


1.中折れの原因

エッチの最中に勃起していたものが途中で萎えてしまうものを「中折れ」と言います。

勃起に関する障害としてよく知られているのがED(勃起不全)ですが、中折れは途中で萎えるだけで勃起はしているからEDではないと思っている人も多いようですが、中折れもEDの症状の一つと言われているのです。

EDも症状の強さによって軽度ED・中等度ED・重度EDと分けられます。

全く勃起せずセックスできないのがEDだと思っている人が多いのですが、この状態だと重度EDに当てはまり、時々中折れするのならば軽度EDが疑われます。

つまり中折れの原因はEDの原因とも言えるのです。

オナニーだと最後まで大丈夫だけど、セックスとなると途中で中折れしてダメになると言う場合は心因性EDが疑われるなど、その人その人の状態によって原因も様々な事が考えられるのです。

体の疲労や睡眠不足・飲酒などの影響によっても勃起力低下・中折れなどの症状が起る事がありますので、一度中折れがあっただけですぐにEDだと診断するのは早いですが、勃起力が回復せず何度も同じような事が続く場合はEDかもしれないということを頭において医師の診察を受けるようにしましょう。


2.オナニー方法も気をつけよう

男性ならば今まで何度もオナニーした事があると思いますが、そのオナニーの方法によって実は中折れの症状を引き起こしてしまう場合があるのです。

オナニーのやり方は人それぞれですが、自分の手を使って行っている人もいれば、床や布団などに直接こすりつけて行っている人もいます。

床などにこすりつけて行う場合は手で行うよりも刺激が強いため、セックス時に女性に触られたり挿入しても刺激がいつものオナニーよりも弱く感じ途中で中折れしてしまうのです。

オナニーだと射精まで何事もなく終わるけれど、セックスになると中折れしてしまうといった場合は「膣内射精障害」と言って性機能障害の一つになります。

普段何気なく行っているオナニーがこのようにエッチ中の中折れの原因になる事があると言う事を覚えておきましょう。

中折れの原因は心理的な影響ももちろん大きいですが、他の病気の影響の場合もあります。

前回ダメだったから次こそは!と意気込んでいく気持ちはわかりますが、気にすれば気にするだけ症状を悪化させてしまう場合もあるので、自己判断せず時には医療機関を受診することが解決の糸口となる事もあると言う事を覚えておくとよいでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ