性欲増強剤で若々しさを取り戻せる

性欲というと男性のイメージが強いですが、もちろん女性にも性欲はあります。

性欲は子孫を残すという本能的な欲求であり、この性欲を持っているからこそ我々人類は滅びることなく現代にいたるのです。

しかし年齢問わず性欲が減退して悩んでいる人が増えています。そういう時は性欲増強剤などの使用して見るといいかもしれません。


1.性欲と男性ホルモンの関係

男性と女性を比べると、性に対する考え方や関心度は男性の方が強いため、我々はどうしても性欲=男性と結びつけてしまうのかもしれません。

性欲は男性ホルモンの一種の「テストステロン」と深い関わりがあり、このテストステロンは男女問わず性欲に関わるホルモンだと言われています。

男性ホルモンというと男性にしかないホルモンだと思っている人が多いようですが、女性もテストステロンを分泌しています。

性欲増強剤などは男性の使用するものだと思っている人が多いと思いますが、決してそうではなく女性でも使用できるのです。

しかしその分泌量は男性の5〜10%ほどの量なので決して多いとは言えません。この事からもテストステロンの分泌量が多い男性の方が、性欲が強いと言うのがわかります。

ホルモンの分泌は加齢とともに減少していきます。

テストステロンも同様で、年をとると性欲に関わるテストステロンの分泌量が減少するので、性に対しての興味がなくなったというのはデータ的にも立証されているのです。

では年をとると使い物にならなくなるのかというとそういう訳でもありません。

性欲はホルモン分泌だけで左右されているわけではなく、精神的・肉体的な要素も持ち合わせているので、年齢はまだ若いのに性欲が以前よりもなくなったという時は、ストレスや疲労・ホルモンバランスの崩れなどの原因が考えられます。


2.性欲をアップさせる方法

性欲をアップさせるには食生活を見直す事も効果的です。

食事は毎日欠かさずとるものなので、性欲アップの成分を多く含む食材などを積極的に選び口にする事で、毎日の生活の中で自然と性欲が増してくると言う効果が期待できます。

また栄養面などでも優れたものが多いので、性欲アップに伴い体も健康になっていきます。

性欲に関係する成分として有名なのは亜鉛です。牡蠣に多く含まれており、別名「セックスミネラル」とも呼ばれています。

亜鉛は、ホルモンの分泌を促し精子の製造に関わる成分なので、亜鉛が不足すると性欲の減退にも繋がってしまうのです。

またアミノ酸の父とも呼ばれているアルギニンも効果的で、精子の細胞の約80%を占めているのがこのアルギニンなのです。

大豆製品やかつおぶし・ナッツ類などに多く含まれており、アルギニンを摂取する事によって精子の数を増やしたり、男性機能を高める働きがあります。

その他のビタミンやミネラル等も精力に関わる成分と言われています。

しかしこれらの成分を適量を守りつつまとめて食事で摂取するのはそう容易ではありません。

そういう時は性欲増強剤などのサプリメントを使用するとより効果的に適量を摂取することができます。

特に働き盛りで忙しい人や、1人暮らしの人は食事管理を自分でするのは難しいのでこういったサプリメントを上手に利用していくとよいでしょう。

性欲増強剤を使う事で、性欲がアップし若々しさを取り戻すことができるのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ