インポの主な原因|ちんこを元気にする方法

ちんこを元気にする方法を選ぶうえで、インポの主な原因を理解することは大事です。

勃起しづらい、勃起しても持続しない、という症状に気づいたら、インポの疑いがあります。


1.インポとは

最近は、インポではなく、EDという言葉が広く使われています。

インポとは、ドイツ語のインポテンツの略で、勃起不全の症状を指します。

医学用語にはドイツ語が多く使われていますが、これもその1例です。

勃起しない、もしくは勃起しても長続きしないことから、十分満足できる性行為ができない場合に、勃起不全が疑われます。

日本人男性にはインポが多く、成人男性の4人に1人は該当すると言われるほど。

かつては中高年に多い症状でしたが、近年は20代という若い世代から勃起不全になっている人が急増しています。

食生活の変化、ストレスなど現代社会には男性の勃起不全を誘引するさまざまな危険要素が蔓延しています。


2.インポの主な原因

インポの主な原因は、大きく分けて3つです。

1つ目は心因性要因、2つ目は器質性要因、そして3つ目は薬剤性要因です。

心因性要因とは、文字通り心理的要因のことで、緊張やトラウマなどで勃起不全が起きることです。

勃起は、性的刺激や興奮が脳に伝わることで始まります。

簡単なことで緊張感から解放され勃起不全が改善されることもありますが、心因性要因は全般的に改善に時間を要します。

一度改善されても、再発することが多い、非常に厄介な要因です。

器質性要因とは、神経や血流に関わる何等かの疾患にかかっていることや、手術やケガによる後遺症で、勃起のメカニズムを阻害している場合を指します。

この要因が比較的多いのは、中高年世代に発症する勃起不全です。

最後の薬剤性要因は、薬の服用によって勃起不全を発症させている場合を指します。

この要因も比較的多いのは中高年世代です。

その世代になるとかかりやすい糖尿病、高血圧などの治療薬が勃起不全要因となっていることが指摘されています。


3.インポの治療

インポの治療は、それぞれの症状に応じて異なります。

症状に気づいて、精力増強剤やサプリを摂取する人もいます。

一時的な効果が出る場合もありますが、慢性的な勃起不全の場合はやはり専門医療機関での治療をオススメします。

早期発見・早期治療で、より軽く、短期間の治療で改善できるはずです。

自己診断で長引かせる前に、ちんこを元気にする方法を医師に相談しましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ