性機能障害の治療にはどういうものがあるの

性機能障害という言葉はご存知でしょうか。

これは男性・女性問わず、その名の通り性機能がうまく働かない病気の事をいいますが、一般的には男性の事を指す事が多く、「ED」や「勃起障害」「勃起不全」と同じ意味として扱われています。

性機能障害の治療には難しいように思われがちですが、今ではとても簡単に治療が行われています。


1.内服薬による治療

性機能障害で病院を受診した時には内服薬での治療が行われます。

バイアグラ・シアリス・レビトラといったED治療薬を使用して、勃起を促し性行為が正常に行えるようにします。

薬を飲むだけでいいので性機能障害の治療としてはとても手軽で強力な治療法だといえます。

しかしちょっとした注意も必要です。これら3種類の薬は成分などはそれぞれ違うものの、薬の作用のメカニズムなどは同じです。

しかしバイアグラやレビトラは食事の影響を受けやすく、食後すぐに服用すると食事の内容によっては薬の吸収が遅れ効果が低下する可能性があるとされています。

一方シアリスは食事の影響を受けないと報告されています。

また服用してから効果が表れるまでの時間や薬の効果の持続時間などもそれぞれ異なるため、同じ効果だからどれを選んでも同じと言うわけにはいかないのです。

性機能障害の治療のためにどの内服薬を選んだらいいのかは、主治医の先生とよく相談してみるとよいでしょう。


2.自分でできる身近な治療法

性機能障害の治療として効果的なのは、やはり医師の処方による内服薬の治療といえるでしょう。

しかし病院へ行くのが抵抗がある人や、仕事が忙しくてなかなか病院へ行く時間がないという人も多いかと思います。

そういう方は諦めるのではなく、まずは自分でできる治療法を試してみてはいかがでしょうか。

ストレスを溜めない・適度に運動をする・食生活を整え精力に効果的な食事を意識する・精力剤を利用するなどなど、えっ!そんな事と思う事が性機能障害の改善へ繋がっていくのです。

つまり健康的な体を心がける事である程度は性機能障害の治療効果が表れるという事です。

人間は体が資本です。

特に現代人はホルモンバランスの乱れも問題視されていて、このホルモンバランスの乱れが体調の乱れにも繋がります。

また「ストレスは万病のもと」とも言われ精神的な影響もホルモンバランスの乱れを引き起こします。

ストレスフリーな生活をする事が体を元気にし性生活の活力にもなっていくと言っても過言ではないかもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ