EDの基礎知識とその薬

セックス時に以前のような固さやペニス自体の元気がなくなってきたような気がすると悩んでいる男性はどのくらいいるでしょうか?

実は私達が思っている以上にとても多いのです。

もしかしてED(勃起不全)!?と頭をよぎる人もいると思います。男性が気になるEDやその薬についてみていきたいと思います。


1.日本人の8割がED!?

EDとはセックスをする上で十分な勃起ができなかったり、勃起ができずセックスができないという症状です。

またEDは全く勃起しないものと勘違いしている人も多いのですが、勃起しても持続力がない・中折れしてしまうなども実はEDの可能性があるのです。

健康な男性には他人事のように思うかもしれませんが、以前行われたある調査でEDの驚くべき割合が明らかになりました。

病院の外来に勃起相談に来た患者の数を調べたところ、全く勃起しない「完全ED」・勃起が足りず時々セックスができないという「中等度ED」、これにたまにできない「軽度ED」を含めた割合を見てみると、EDと診断された人の割合は実に8割以上にのぼるという衝撃な結果となりました。

つまり勃起で悩んで医療機関を受診した人のほとんどがEDと診断されたのです。

EDは今やとても身近な存在となっており、実際に勃起相談に来る人には20代・30代とまだまだ元気な若い世代の男性も多いのです。

EDの原因は加齢と思うかもしれませんが、実際に加齢が原因となっている場合もありますが、精神的な事が要因となってEDの症状を起こしている場合が非常に多いのです。

20代・30代でED症状が出ているのであれば、加齢よりも心理面での影響が大きいと言えるでしょう。しかし言いかえればその分治る可能性も高いと言う事です。

EDの薬を服用していたが、治ったので今はもう飲んでいないと言う人もとてもたくさんいます。

ED薬には抵抗があるという人もいるかも知れませんが、放っておいて完全EDになってしまうと治療も長期間になってしまいます。

必要に応じて薬を使うのも勃起回復にはとても効果的と言う事を覚えておきましょう。


2.ED薬の種類

EDの治療には薬を使った内服薬が基本となります。

ED治療薬として有名なのがバイアグラですが、バイアグラの他にもレビトラ・シアリスと言った薬があり、この3つの薬が現在のED治療の主流となっています。

どれも勃起を促す薬ですが、効果の持続時間や服用タイミングがそれぞれ異なります。

バイアグラは世界初のED治療薬として販売され世界中でバイアグラブームを引き起こしたのを記憶している人もいるのではないでしょうか。

服用後30分ぐらいで効き始め4時間ほどその効果は持続しますが、食事の影響を受けやすいという面もあります。

またレビトラは15分ぐらいで効き始める即効性が特徴ですがバイアグラまでとはいかないとはいえ食事の影響を多少受けます。

シアリスはバイアグラ・レビトラとは少し異なり、30分ぐらいで効き始めその効果は36時間持続すると言う長い効果時間が特徴です。

ED治療薬を使ったが効果がなかったという人は、服用のタイミングなど間違った使い方をしている場合が多いです。

食事の影響を受けやすいバイアグラなどは食後すぐに飲んでしまうと効果があらわれにくいので注意が必要です。

ED薬の正しい使い方で勃起回復を目指しましょう!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ