勃起する薬の効果と医学的実証

勃起する薬には色々な種類があります。医師の処方箋が必要なものから、そうでないもの、また海外では認可されているものの日本では認可されていないものなど、薬の種類は様々です。これらの勃起する薬は、いずれも、今、現実にちんこが立たないという状況を改善するものとして即効的な効果があります。かといって、薬ですので副作用も気をつけなければなりませんし、過剰摂取はもちろん禁物です。勃起する薬でも用法と要領を守って、服用しましょう。


1.薬の効果

勃起する薬が効く仕組みは、複雑です。

簡単に説明すると、男性が性的な刺激を受けると脳内から電波信号と成分が分泌されます。

その分泌によって、男性器が勃起するという現象がおこります。

その勃起する役割を補助する役割が勃起する薬です。

ちんこが立たない場合には、本来性的刺激を受けた場合に出る脳からの分泌物が少ない状態であることがほとんどです。

それによって、血流が悪くなり、男性器に血が集まりにくくなり、ちんこが立たないという現象が起こります。

ですので勃起する薬では、薬を服用することで、脳からの分泌を促す効果のある成分が含まれています。

よく誤解されがちなのが、これらの薬を服用すると、どこでも、ところかまわず勃起してしまうのではないかということが心配されていますが、それは大きな間違いです。

勃起する薬は、あくまでも性的刺激を受けた時に、その促進を目的とするものですので、性的刺激がなければ勃起に起因する原因がありませんので、勃起することはありません。

あくまでも、勃起するシチュエーション、つまり性敵刺激・興奮をするシチュエーションにおいて、ちんこが立たないということを改善する薬が勃起する薬なのです。


2.勃起する薬の副作用

勃起する薬の副作用には、様々な副作用がある場合があります。

勃起する薬にも、様々な種類がありますが、どれも性的刺激を受けたときの分泌を促す成分の薬と、血液促進を良くして男性器に血液が流れやすくするという成分のものが含まれていることが多いです。

ですので、血液の流れを良くする成分は、その分、血液の循環をつかさどる心臓に負担をかける場合があります。

ですので、疾患を持った方などは、注意が必要です。

だからこそ、一部の薬では医師の処方箋が必要という扱いになっているのです。

とある有名人が、医師の処方箋の必要な勃起する薬を、用法・容量を守らずに一度に多量の摂取をして救急病院に運ばれたというのは、10年前ほどに話題になりました。

ですので、薬である以上は、用法と容量を守って、適切に服用することが大事になります。

また、他の薬との併用も禁物です。

薬の種類にもよりますが、血液の流れを良くする薬は、リュウマチの薬など、様々な薬の中に入っている場合があります。

それと併用することで、結果的に血液の流れが活性化しすぎて心臓に負担をかけ動悸などの原因となります。

医師の処方箋が必要な勃起する薬を服用する場合、かならず持病や、普段飲んでいる薬などを医師や薬剤師に相談してから服用することが大切です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ