うつ病とインポの関係性|ちんこを元気にする方法

うつ病からくるインポテンツを治すことは、ちんこを元気にする方法の1つです。

インポテンツ、略してインポは、ドイツ語で勃起不全を意味します。

最近では、もっぱら英語のEDの方が、勃起不全の意味として通用しています。

インポとは、勃起しない、または勃起しても持続しないことから、十分な満足を得る性行為ができないという症状です。

全く勃起しないことだけを、勃起不全という、と認識している人が少なくありません。

しかし、実際には半立ちや中折れなども、インポに該当する症状です。

日本人男性の4人に1人がインポの疑いがあると言われています。

先進国に多いインポですが、日本人はとりわけ多いそうです。

日本人男性なら、誰でもかかると思ってもいいほどのインポ。


1.インポからうつ病になるケース

パートナーを前に全く勃起しなかった。

または、膣に入れた途端に中折れしてしまった。

インポの男性には、このような苦い経験をしている人が少なくありません。

このような経験は、男性の心に深く残ってしまい、その後の性行為時に必ず思い出して
しまい、中折れを繰り返す、ということがあります。

いわゆるトラウマという症状です。

そのせいで、悩みをかかえてしまい、最終的にうつ病を発症してしまう人も珍しくありません。

このようなケースでは、インポを改善する治療の前に、心理療法が必要です。


2.うつ病からインポになるケース

一方、うつ病からインポになるケースもあります。

うつ病にかかる男性が急増しています。

その原因はさまざまですが、多くはストレスによるものです。

仕事のストレスの場合もありますし、家庭内やパートナーとの関係性からのストレスの場合もあります。

勃起は、脳との関係が密接です。

脳が性的刺激や興奮を感じ取ることは、勃起の第1条件とも言えます。

うつ病で病院にかかると、多くの場合処方されるのが抗うつ剤。

この抗うつ剤には、脳の反応を鈍らせる働きがあります。

そのため、抗うつ剤の副作用として勃起不全になってしまう場合があるのです。


3.インポからうつ病にならないために

多くのストレスの全てを排除することは困難ですが、少なくともインポからうつ病に
ならないためには、どうすればいいのでしょうか。

それは、勃起しなくても、良い関係を維持できるパートナーとの性行為で、自信を取り戻すことです。

ちんこを元気にする方法には、良きパートナーが欠かせません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ