EDの自宅療養について | ちんこの元気を取り戻す!

EDの治療には色々な方法がありますが、できれば他人に知られずに治療したいものです。ちんこが立たないということは、自分の中だけに秘めた秘密として、こっそり治療して、何事もなかったかのように性生活を再開したいと思うのは、自然のことです。ED治療といえば、薬を飲むことが広告などでは一般的ですが、自宅での治療が、ある程度は可能です。ですので、安易にED治療薬に頼らず、自分のちんこが立たない原因は、自宅治療によって、自分で解消しましょう。


1.自宅で出来るED治療

自宅で出来るED治療の基本は、下半身の血流を円滑にスムーズに流れるようにするということを基礎とします。

すなわち、EDの原因は、下半身に血流が集まらず勃起しない、ちんこが立たないという現象です。

ですので、下半身の血流の流れを良くして勃起しやすくするということが、自宅治療の根幹になります。


2.適度な運動

血流を良くするということは、体を温めることが必要です。

つまり、適度な運動によって体を温めて、血の流れをよくしてやることで、血流が活性化して下半身にも血液が集まりやすくなり、勃起することを助けます。

運動不足の人は、基本的に代謝が良くなく、血液の流れも良くありません。

これは、下半身だけでなく体全体の健康面でも問題が生じる場合があります。

EDの自宅治療では、もちろん全体の血流の流れを良くすることが重要ですが、下半身の血流に特化した運動がメインとなります。

簡単なところからいうと、ウォーキングとストレッチです。

ウォーキングも長い距離を歩く必要はありません。

意識するのは股関節の動きです。

股関節の動きを意識しながらウォーキングすることで、足の上げ下げが意識的になされることになり、下半身の血流が良くなります。

また、ストレッチでも屈伸運動や、股関節の筋肉を伸ばすストレッチを取り入れることで、これまであまり動かさなかった筋肉が活性化して血液を循環させだしますので、下半身の血の巡りが良くなます。

また、慣れてきたら体力の増加とスタミナ増進のために、ランニングや、スクワットなどのの負荷をかけてみることもいいでしょう。


3.適度な栄養

また、運動をしたら、必ず水分と栄養が必要です。

もちろん、バランスの取れた食事が大切ですが、下半身に特化した場合には、たんぱく質が必要になります。

たんぱく質を摂取することで、筋肉の活性化・再構築はもちろん、血流を良くするうえでもたんぱく質は必要です。

また、亜鉛やビタミンは、下半身だけでなく体調を整えるためにも必要です。

最近では、EDの自宅治療用、つまりちんこが立たないことに困っていながら自宅で治療する人用のサプリメントも安価で発売されていますので、それを利用することも、1つの方法です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ