勃起不全の症状 | ちんこの元気を取り戻す!

勃起不全の症状には、原因や症状の重い軽いを含めてたくさんの症状があり、一人ひとり原因も症状も異なってきます。症状によっては、医師に相談する必要がある場合もあるので気をつけなければなりません。勃起不全の症状は、ちんこが立たないという半分冗談のような笑い話で済む場合と層でない場合があるので、真剣に考える必要があります。


1.EDの症状と兆候

最近、性的興奮がわかない、ちんこが立たない、立ちが悪いなど、その症状は様々ですが、ちんこが立たないという症状の裏側には深刻な疾患が隠れている場合があります。

いわゆる加齢・老化による勃起不全の症状でしたら、回復は可能です。

最近ではED治療薬もありますし、サプリメントやツボによって解消できる場合もあり、軽度の治療ですみます。

しかし、勃起不全の原因は血流の流れの障害であるともいえるのです。

つまり、加齢だけでなく、喫煙の影響や、高血圧による障害、糖尿病の兆候や肥満、神経疾患を伴っている場合、併発している可能性がということです。

勃起不全の症状では、どうしても男性器こと、ちんこが立たないという事実ばかりに目が行きがちです。

しかし、その裏には慢性的な疾患が隠されている場合があるので要注意です。


2.勃起のメカニズム

勃起のメカニズムは、性的刺激によって脳から神経信号が出されて男性器に血液が集まって、勃起し、それを逃がさないことから勃起が持続するというメカニズムになっています。

これが、なんらかの影響で血液が男性器に集まらない状態や集まりにくい状態になると勃起不全という症状が生じます。

たとえば、糖尿病や神経疾患などで、動脈硬化で男性器に血液が回りにくくなったり、途中で血管につまりが生じている場合には、男性器に血液が集まりにくくなり、勃起不全が生じます。

このように、勃起は自分の健康状態をはかるうえで重要なサインとなっています。

もし、勃起不全という症状が出た場合には、自分の食生活などを考えて、これらのサインを見逃さないようにしましょう。


3.体調の改善と勃起

勃起不全の症状・兆候があらわれても、すぐに医師などに相談することは敷居が高いでしょう。

その場合は、まず、サプリメントや生活環境を改善してみましょう。

もし、それで勃不全が解消されたら、それは、一時的な勃起不全ですので心配ありません。

ただ、体質を改善を心がけても勃起不全が慢性的に起こっていっる場合には、注意が必要です。

高血圧や糖尿病、また心疾患などの可能性をはらみます。

ですので、そのような場合には、医師への相談をお勧めします。

ED治療薬というものもありますが、これは、医師の処方を受けてのものでしたら安心して使用できますが、個人輸入などの場合、偽物も多く存在します。

偽物の薬の中には、糖類を多く含ませて一時的な勃起には耐えられるだけの成分に放っているものの、血糖値を高くさせて動脈の硬化を促進する効果をもつものもあるので、糖尿病などの傾向のある人には危険のある薬の場合もあります。

ですので、成分を確認するだけでなく、自分の体調や体のことを知った上で、服用していくことが重要ですし、EDになる前、なった後にも、自分の体調を知っておくことが重要になってきます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ