ED・勃起不全の症状

EDは、勃起不全と呼ばれる症状ですが、症状には完全にちんこが立たないものから、立ち方が弱いもの、一時的には立つものの、射精まではいくことができないなど、症状にも重度があります。これらの症状はすべて勃起不全・EDとなり、治療や食生活の改善などによって、元気とパワーを取り戻すことが出来ます。


1.EDの特性と性質

EDとは突然訪れる場合と、徐々に徐々にEDとなる場合があります。

EDに突然なる場合、これは心因的なストレスなどが原因となっている場合や、病気で一時的にEDとなっている場合、また服用している薬などによっても突然EDとなる場合があります。

これらの場合、原因が明確である場合が多く、安心です。

EDになった人にとって、自分のちんこが立たないのは新生活のストレスのせいとか、病気や怪我をしているから一時的なものとか、持病の薬を飲み始めたからという明確な勃起不全の理由がわかるので、安心できます。

ただ、その原因解消は人それぞれ難しい場合があります。

心因性の場合は、気分を変えてドライブやマッサージなどを受ければ改善される場合もあれば、仕事がストレスの場合には部署を移ったりする必要がある場合もありますし、慣れによって改善される場合もあります。

ですので、その人に合った勃起不全の原因を解消する方法を見つけることが重要になります。


2.加齢によるED

加齢によるEDの場合には、年齢と共に徐々に衰えることから、徐々にEDになっていくという傾向にあります。

もちろん加齢と共に体を壊した場合などには、一時的に勃起不全となる場合がありますが、基本的には急にちんこが立たない状態になるのではなく、徐々に徐々に立たなくなっていくというのが、通常です。

この場合、老いには逆らえないと考える人も多く、あきらめる人が多いですが、ED治療薬などを使って治療すれば、改善することは可能です。

もちろん、サプリメントやツボなどによって、食生活や血流を浴することで、元気とパワーを取り戻すことも出来ますが、長期の目線で体力をつけることころからスタートする必要があります。


3.EDの悩み

ED・勃起不全は、他人に相談しにくいというところがネックになります。

すなわち、男性機能の障害ということもあって、はずかしさがあるでしょう。

また、年利を重ねると、年甲斐もなくというように周りからの目もあるので、治療を嫌う人もいます。

しかし、夫婦生活や彼女との関係において、性の問題は深刻です。

とある調査では夫婦の5割以上、過半数で性交渉が大切だという意見があり、性交渉の回数を増やしても良い、増やしたいと思っているという女性の意見もかなりの数があるというデータがあったり、男性にとっても女性にとっても性交渉は大切です。

いざというときに、ちんこが立たないのでは、女性の期待にもこたえることが出来ません。

ですので、EDの傾向があるのであれば、早期に対策をたてることをお勧めします。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ