EDを治すには? | ちんこの元気を取り戻す!

EDを治すには、EDの原因を突き止めることが必要です。ED治療薬を使うと、一時的にEDを治すことは可能でちんこが立たないという現状は解消することが可能でしょう。しかし、根本的な原因を追求して解消しない限り、EDと長く付き合うこととなります。ですので、EDを治すには、根本の原因を解消することが必要です。


1.人それぞれのEDの理由

EDの理由は、人それぞれです。

心因性のものであったり、体調であったり、その理由は様々です。

心因性を原因とする場合には、その大きな原因はストレスだったり過度の緊張であったりです。

自分の生活環境で大きなストレスを抱えたときに、一時的にEDとなったり、生活が変わった際にEDとなったり、本当に愛情を持っている女性と一緒にいる際に、本気であるからこそ緊張してEDとなるという場合もあれば、結婚して子供を作らなければならないという周囲からのプレッシャーからEDとなる場合など、心因性を理由とするEDの場合に、ちんこが立たないという現象は同じでも、原因は様々です。

ストレスや緊張などの心因性を原因とする場合には、そのストレスの原因を打開することが不可欠です。

薬の服用によって、一時的に勃起することは可能ですが、薬の服用は副作用もあるので、出来るだけ避けるべきです。


2.原因が分かったら

EDの原因が分かったら、それを打開するために行動することが必要です。

しかし、打開方法も、原因が様々である以上、様々です。

また、万人に共通する治療方法はなく、その人によって、ベストの治療方法は変わります。

ストレス性のEDを治すには、ストレスの除去が必要ですが、環境になれたり、気分転換をすることでストレス自体が緩和されEDが治る場合もあります。

ですので、しばらくは環境や体質の改善を行って、様子を見ることがEDを治すには良いでしょう。

ED治療薬を使う治療法も、いざという時には役に立ちますが、薬を使うのは、体質改善や環境を整えてから様子を見るべきでしょう。


3.体調による場合

ストレス性でない場合には、体調や疾患の恐れがあります。

ですので、環境や食事を改善しても治らない場合には、次のステップに進めなければなりません。

体調等が影響する場合、原因となるのは飲酒と喫煙、肥満です。

これらは勃起の障害となる場合があります。

男性の場合には、飲酒によって良いが回りすぎると勃起不全を起こすということよくあることです。

また、喫煙は血行の流れを阻害するので、血流が悪くなり勃起不全を進行させます。

肥満も新陳代謝が鈍っている場合には、血流が悪くなりEDの原因となります。

これら以外にもEDという局部だけの現象でなく、糖尿や心疾患という病気が元でEDとなっている場合もあるので、ちんこが立たないというEDを発症している場合、環境と体調を整えても改善されない場合には、医師への相談が必要となります。

このように、体調管理はEDを治すには重要です。

ちんこが立たないという同じ現象でも、その原因は様々です。

その人に合った方法で、その対処をすることがED治療には重要になります。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ