勃起不全とは身近な病気

男性なら「ED」という言葉を知っている人も多いと思いますが、EDは日本語でいうと勃起障害や勃起不全の事を表します。

EDと言うとまったく勃起しない状態を指していると勘違いしている人が多いのですが、EDは医学的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」という定義付けがされています。

つまり勃起を全くしない状態だけではなく、勃起をしても持続せず途中で萎えてしまう・勃起するまでに時間がかかる・勃起しても十分に硬くならないなども勃起不全の症状と言えるのです。


1.勃起不全の種類

日本人男性の4人に1人は勃起不全で悩んでいると言われています。

これは全ての年齢層を合わせた平均値なのですが、男性ホルモンの分泌の関係もあり加齢に伴い勃起不全の人の割合は増えていくのです。

年代別にみてみると、40代で2割・50代で4割・60代で6割の人が勃起不全を自覚しているという結果もでています。

勃起のついての悩みがなさそうな30代でも1割の人が自覚をしているようです。

この勃起不全とはその原因によって種類が分けられます。

ストレスや疲労・緊張など精神的な原因でおこる「心因性勃起不全」・高血圧や糖尿病、加齢、手術やその他泌尿器系の病気など身体的な事が原因でおこる「器質性勃起不全」・心因性勃起不全と器質性勃起不全が混ざり合った「混在性勃起不全」・抗うつ剤や血圧を下げる降圧剤など薬の副作用によって引き起こされる「薬剤性勃起不全」とに分けられます。

基本は肉体的に問題がなければED治療薬を使用すると言うのが一般的な流れですが、中には持病によってED治療薬の使用ができないものもあるので、自分のタイプがどのタイプなのから診てもらう必要があります。


2.勃起不全は治療ができる病気です

勃起しなくなった・EDと診断されたとショックを受けている人もいるかもしれませんが、勃起不全とは誰にでも起こる可能性があるとても身近な病気です。

もちろん治療できる病気ですので、慌てる事も心配する必要もありません。

昔は薬剤を陰茎に注射する・陰茎を陰圧にしリングをつける・植え込み手術をするなどの方法が行われていましたが、患者に痛みが伴う場合もあり有効な治療方法とは言えませんでした。

しかしED治療薬としてバイアグラが製造・販売され勃起不全に対する治療も劇的に変化を遂げました。

内服薬で治療ができると言う事で取り入れやすくなり、何より患者の負担がないというのは勃起不全に悩む人・医師にとっては朗報でした。

現在ではこの治療薬も3種類になり、またバイアグラの医薬品成分特許が切れたので、ジェネリック医薬品として後発品が販売される事になりました。

後発品はコストが安いと言うメリットがあるので、勃起不全に悩む人にとっては嬉しいニュースとなっているのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ